編集手帳

あついぞ!熊谷

投稿日:2017年5月13日 更新日:

2017年5月13日付け「編集手帳」要約

「炎熱」「炎天」は夏の季語で、生命を輝かせる熱源としてとらえた句に名句が多い。
〈あついぞ!熊谷〉
俳句でないが、これも名文句だろう。
「住みにくさをアピールするのも、どうか」といった声を受けて、来年から別の文句に変わるとか。
その感嘆符から元気の素をもらってきた身にはちょっと名残惜しい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.04付け「編集手帳」要約

国民の視線は塩辛い

2017年8月4日付け「編集手帳」要約 蒸気機関車の機関士は、食塩の錠剤を口に含み、顔を真っ赤にして罐を焚いていた。 国民を乗せた長距離列車の、内閣は機関士だろう。 罐を焚く面々がいつの間にか、一等車 …

2018.02.10付け「編集手帳」要約

二人の影が重なった騎乗

2018年2月10日付け「編集手帳」要約 中央競馬会に短期免許を得て加わるドイツ所属のフィリップ・ミナリク騎手。 急逝した友の鞍を携えて来日した。 その鞍で馬を走らせることは欧州では何と言うのだろう? …

2017.07.08付け「編集手帳」要約

「似顔絵捜査官」の志に幸あれ

2017年7月8日「編集手帳」要約 デジタル全盛の今も犯罪の現場では、モンタージュ写真より手書きの似顔絵が活躍していると聞く。 芸大卒の異色の肩書を持つ渡部慶太巡査長。 交番に勤務しながら「似顔絵捜査 …

2018.09.29付け「編集手帳」要約

どっこい生きる

2018年9月29日付け「編集手帳」要約 短足コンプレックスをバネに、どっこい生きていた武田鉄矢。 努めて堂々とふるまうようにしてコンプレックスを解消したそうだ。 いまどきなら、美容整形を克服法として …

2017.11.12付け「編集手帳」要約

鉄腕の訴えが、心に響く

2017年11月12日付け「編集手帳」要約 あすは西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久さんの命日。 ロッテの監督時代に、けがを過度に恐れて萎縮してほしくない、との思いがあり、 投手の「1試合100球」 …