編集手帳

感謝の拍手がもらえる大統領を望む

投稿日:2017年5月11日 更新日:

2017年5月11日付け「編集手帳」要約

〈出落ち〉は、登場したときが一番盛り上がり、それ以降は見せ場がない。
と、いう意味だが、韓国の歴代大統領には出落ちが目につく。
新大統領、文在寅氏はどうだろう。
「新北朝鮮・反日」と伝えられる身上には、“野党慣れ”した現実感覚の希薄さを覚えぬでもない。
ほどほどの期待と、ほどほど以上の懸念を持って見守るとしよう。
国民からも国際社会からも「感謝」の拍手がもらえる大統領を望む。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.17付け「編集手帳」要約

謝らない子供を叱りなさい

2017年8月17日付け「編集手帳」要約 「パパ、ランガーさんが窓ガラスで目のボール壊しちゃったよ」。 西洋の小話である。 博愛と平等の心が一枚の美しい硝子ならば、差別と偏見はそれを粉々に砕くボールだ …

2017.03.05付け「編集手帳」要約

火の用心の季節

2017年3月5日付け「編集手帳」要約 火事の99%は人の不注意で起こる…。 しかし、人間は〈過失の動物〉でもある。 だが、この過失は努力によって軽減し得る。 その努力が正しく続けているか、点検する頃 …

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …

2017.12.29付け「編集手帳」要約

感染予防にマナーが問われる

2017年12月29日付け「編集手帳」要約 かつて「お染かぜ」と呼ばれていたインフルエンザ。 人気芝居の「お染久松」からきたとされ、流行の際、「お染御免」「久松留守」というお札が民家に掲げられた。 「 …

2017.05.27付け「編集手帳」要約

ありすさび、昭和の味カール

2017年5月27日付け「編集手帳」要約 「ありすさび」、一緒にいることに慣れ相手の存在を意識せず、なおざりにすることをいう。 明治がスナック菓子「カール」の販売を東日本でやめるという。 ♪ハァ〜オラ …