編集手帳

感謝の拍手がもらえる大統領を望む

投稿日:2017年5月11日 更新日:

2017年5月11日付け「編集手帳」要約

〈出落ち〉は、登場したときが一番盛り上がり、それ以降は見せ場がない。
と、いう意味だが、韓国の歴代大統領には出落ちが目につく。
新大統領、文在寅氏はどうだろう。
「新北朝鮮・反日」と伝えられる身上には、“野党慣れ”した現実感覚の希薄さを覚えぬでもない。
ほどほどの期待と、ほどほど以上の懸念を持って見守るとしよう。
国民からも国際社会からも「感謝」の拍手がもらえる大統領を望む。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.18付け「編集手帳」要約

たまにはバスを待ってみようか

2018年3月18日付け「編集手帳」要約 バスという乗り物は、車内でお国言葉が行き交い、地方の人々の一日一日を支える人間くさい乗り物だ。 その実、現場には厳しい現実が横たわる。 乗客数はピーク時の4割 …

2018.01.29付け「編集手帳」要約

クローンで国宝の価値を再認識

2018年1月29日付け「編集手帳」要約 政府が昨年末に発表した「文化経済戦略」は、クローン文化財のような「高精細レプリカ」を、教育や観光の分野で活用する方針を盛り込んだ。 公開日数を制限されている重 …

2018.01.16付け「編集手帳」要約

人のために生きなさい

2018年1月16日付け「編集手帳」要約 元あしなが育英会職員、林田吉司さんが病気のために亡くなった。 平成の二つの震災で、遺児の心のケアに尽力した人である。 神戸の施設で、ねじりはちまき姿で遺児らに …

2018.03.27付け「編集手帳」要約

日本にはすごい花がある

2018年3月27日付け「編集手帳」要約 昔の花見は、咲く時期や彩りの異なる様々な種類が同じ場所に植えられ、約1ヶ月間、のんびりと楽しんでいたという。 現在の花見の主流のソメイヨシノは、見頃が1週間程 …

2018.04.13付け「編集手帳」要約

だれの隣にも希望がいる

2018年4月13日付け「編集手帳」要約 〈絶望の隣に/だれかがそっと腰かけた/絶望は/となりのひとにきいた/「あなたはいったいだれですか」/となりのひとはほほえんだ/「私の名前は希望です」〉 アンパ …