編集手帳

不思議でたまらない

投稿日:2017年5月5日 更新日:

2017年5月5日付け「編集手帳」要約

大型連休も終盤を迎え、きょうはこどもの日である。
金子みすゞの〈私は不思議でたまらない〉と繰り返される『不思議』という詩のように、
親子で「不思議」を探しに出かけてはどうだろう。
都会の道端でもツツジは咲き、鳥のさえずりが聞こえる。
〈私は不思議でたまらない、誰に聞いても笑ってて、あたりまえだ、ということが〉
子らに問われたら、あたりまえとは返すまい。
ともに考え導いて、探究心を育みたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.19付け「編集手帳」要約

隣国の愚挙を許さない

2017年8月19日付け「編集手帳」要約 政府は72年前のきょう、灯火管制の解除を決めた。 日本の夜に戻ったあかりに平和を実感したという人は少なくない。 その幸福な時間が連綿と続く中できのう、北朝鮮の …

2017.03.12付け「編集手帳」要約

希望に向かってあと何日と数える

2017年3月12日付け「編集手帳」要約 希望があれば、今日の日付を起点にあと何日と指折り数えることが出来る。 東日本大震災の新しい復興住宅に移り住んだ人々から、 「仮設はよかった」という声がもれる。 …

2018.08.25付け「編集手帳」要約

豚さんに申し訳なくて使えない

2018年8月25日付け「編集手帳」要約 「豚児」とは、自慢の息子をへりくだっていう語である。 金足高校で、野球部が甲子園を沸かせているさなか、9匹の子豚が生まれた。 畜産を学ぶ高橋内野手が一匹一匹に …

2017.10.23付け「編集手帳」要約

「感」が「惑」に変った

2017年10月23日付け「編集手帳」要約 「感」の中に「惑」に似た部分がある。 小池新党の「好感」の「感」の中にも、それはあった。 民進党との合流時、政策の一致しない候補について「排除します」と語っ …

2017.09.05付け「編集手帳」要約

聞かぬ相手と知りながら叫ぶ

2017年9月5日付け「編集手帳」要約 北朝鮮による日本人拉致と政府が認定する事件は12件ある。 いずれの奪還もかなわぬまま事件から40年となる秋を迎えた。 救出を待ち続ける人がいる大地を一昨日の核実 …