編集手帳

これが最強の布陣なのか

投稿日:2017年4月27日 更新日:

2017年4月27日付け「編集手帳」要約

ひとつの内閣がどれほどの緊張感を持って国政にあたっているか。
その度合いは人事にも表れる。
ここぞという勝負どころでは慣例や情実を排し、「最強布陣」で挑むものだからである。
「まだ東北だったからよかった」と語り、今村雅弘復興相が辞任した。
勝負どころだらけの安倍内閣で、この顔ぶれは最強の布陣だったのか。
「そうだ」と言うなら、人材不足。
「違う」と言うなら、国政をなめている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.26付け「編集手帳」要約

時間ばかりが過ぎていく

2017年2月26日付け「編集手帳」要約 略語の用法に新しい意味が加わって、時代の激変を痛感することがある。 「仮設」 仮設住宅の事だったが、最近は東京五輪の仮設施設をさす場合も多い。 五輪開催が決ま …

2018.05.24付け「編集手帳」要約

ジャーンと鳴っても証言はない

2018年5月24日付け「編集手帳」要約 テレビの人気アニメ『巨人の星』。 ライバルとの対決でいちいちジャーンと効果音がなるなど、じらすような展開はおなじみだ。 こちらも延長、延長で誰しもうんざりして …

2017.03.24付け「編集手帳」要約

“真”はどっちだ

2017年3月24日付け「編集手帳」要約 「確かにもらった」と語る、籠池氏の物語。 「渡していない」と安倍昭恵首相夫人の物語。 “真”はどっちだろう。 あった事実は証明できても、なかった事実は証明しに …

2017.08.19付け「編集手帳」要約

隣国の愚挙を許さない

2017年8月19日付け「編集手帳」要約 政府は72年前のきょう、灯火管制の解除を決めた。 日本の夜に戻ったあかりに平和を実感したという人は少なくない。 その幸福な時間が連綿と続く中できのう、北朝鮮の …

2017.02.12付け「編集手帳」要約

悲惨でなく不快を選択した日米同盟

言葉巧みに擦り寄ることを「巧言令色」という。 日米同盟の列車に隣り合って座る、激情にかられ予測不能の人に、「剛毅木訥」で接しては危ない。 政治の要諦は“不快”と“悲惨”の選択にあるといわれる。 日米同 …