編集手帳

これが最強の布陣なのか

投稿日:2017年4月27日 更新日:

2017年4月27日付け「編集手帳」要約

ひとつの内閣がどれほどの緊張感を持って国政にあたっているか。
その度合いは人事にも表れる。
ここぞという勝負どころでは慣例や情実を排し、「最強布陣」で挑むものだからである。
「まだ東北だったからよかった」と語り、今村雅弘復興相が辞任した。
勝負どころだらけの安倍内閣で、この顔ぶれは最強の布陣だったのか。
「そうだ」と言うなら、人材不足。
「違う」と言うなら、国政をなめている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.10付け「編集手帳」要約

亀の霊力で火を止めて欲しい

2017年5月10日付け「編集手帳」要約 「龝」の字は、歌舞伎などでは「千穐楽」と、「火」を嫌い、めでたい「亀」のある穐を用いる。 東北地方で山林火災が相次いている。 避難した住民の方はおそらく、不安 …

2018.01.121付け「編集手帳」要約

相変わらず「大きな顔」

2018年1月12日付け「編集手帳」要約 「大きな顔をした人」は商売上、少々付き合いにくい。 だがひと昔前の不況の時、化粧品業界では「顔の大きい人」が歓迎されていたそうだ。 各社が続々と契約社員から正 …

2018.12.22付け「編集手帳」要約

来年は漢字の右側を差し替えよう

2018年12月22日付け「編集手帳」要約 警察の隠語で「さんずい」は汚職事件を示す。 この部首は「清」「涼」に含まれる一方、「汚」「濁」といった字ものぞく。 顧みれば今年のスポーツ界はこれらの感じが …

2017.12.16付け「編集手帳」要約

今年は秀作ぞろい

2017年12月16日付け「編集手帳」要約 住友生命保険が師走恒例「創作四字熟語」の入選作を発表した。 今年は秀作ぞろいかもしれない。 【荷労困配】(疲労困憊)、深刻な人手不足の宅配業界のもじり。 【 …

2018.12.03付け「編集手帳」要約

国民感情ばかり気にしている

2018年12月3日付け「編集手帳」要約 元徴用工への倍賞を命じる判決が出たり、慰安婦問題をめぐる行為を蔑ろにしたり、 日韓関係を毀損する出来事が相次ぐ。 歴史問題をいつまで蒸し返すのか。 岸信介元首 …