編集手帳

これが最強の布陣なのか

投稿日:2017年4月27日 更新日:

2017年4月27日付け「編集手帳」要約

ひとつの内閣がどれほどの緊張感を持って国政にあたっているか。
その度合いは人事にも表れる。
ここぞという勝負どころでは慣例や情実を排し、「最強布陣」で挑むものだからである。
「まだ東北だったからよかった」と語り、今村雅弘復興相が辞任した。
勝負どころだらけの安倍内閣で、この顔ぶれは最強の布陣だったのか。
「そうだ」と言うなら、人材不足。
「違う」と言うなら、国政をなめている。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.01付け「編集手帳」要約

ファクト・チェック

2017年4月1日付け「編集手帳」要約 「エープリル・フール」は日本ではあまり定着しなかったようであるが、 トランプ政権の誕生、英国のEU離脱。 海外では「嘘でしょ」と言いたくなるニュースのつづく昨今 …

2018.08.30付け「編集手帳」要約

扇風機一つでも寒い

2018年8月30日付け「編集手帳」要約 岐阜の病院で、高齢の入院患者5人が熱中症とみられる症状で亡くなった。 冷房が壊れ、病室には1台の扇風機が回っていただけだった。 暑さがまだ災害と呼ばれない時代 …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2017.02.19付け「編集手帳』要約

新聞の役割

2017年2月19日付け「編集手帳」要約 漂白の俳人、種田山頭火は熱心に新聞を購読していたらしい。 〈今日そのものが来ないやうな気がする〉、新聞の来なかった朝の心境をそう書き留めている。 新聞のかたち …