編集手帳

東海道駅伝徒歩競技開催から100年

投稿日:2017年4月26日 更新日:

2017年4月26日付け「編集手帳」要約

土岐善麿は歌人として知られる。
が、日本陸上競技の歴史を語るとき、その名は欠かせない。
土岐が、日本初の駅伝大会「東海道駅伝徒歩競技」を企画したのは、1917年4月27日。
明日で100年を迎える。
その成功を受けて箱根駅伝が誕生する。
みずから植えた小さな苗が正月の国民的な風物詩になろうとは思ってもいなかったろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …

2017.02.20付け「編集手帳」要約

虚をつかれぬよう備えろ

2017年2月20日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。 「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、 虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、 …

2017.12.16付け「編集手帳」要約

今年は秀作ぞろい

2017年12月16日付け「編集手帳」要約 住友生命保険が師走恒例「創作四字熟語」の入選作を発表した。 今年は秀作ぞろいかもしれない。 【荷労困配】(疲労困憊)、深刻な人手不足の宅配業界のもじり。 【 …

2018.03.14付け「編集手帳」要約

人生の中の18歳の位置

2018年3月14日付け「編集手帳」要約 成人年齢を20歳から18歳に引き下げることが閣議決定された。 18歳という年齢は、成長曲線を山道に例えれば、最も急峻なところにいる年齢ではないか。 成人の肩書 …

2018.03.29付け「編集手帳」要約

こちらは答えが多いほうがよろしい

2018年3月29日付け「編集手帳」要約 入試シーズンが一段落した。 最近まで“風物詩”のように各地の高校、大学の出題ミスが報じられた。 だが大阪大学、京都大学の件は昨年のの試験で、風物詩でなかった。 …