編集手帳

東海道駅伝徒歩競技開催から100年

投稿日:2017年4月26日 更新日:

2017年4月26日付け「編集手帳」要約

土岐善麿は歌人として知られる。
が、日本陸上競技の歴史を語るとき、その名は欠かせない。
土岐が、日本初の駅伝大会「東海道駅伝徒歩競技」を企画したのは、1917年4月27日。
明日で100年を迎える。
その成功を受けて箱根駅伝が誕生する。
みずから植えた小さな苗が正月の国民的な風物詩になろうとは思ってもいなかったろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.22付け「編集手帳」要約

人生の有為転変を一句一句歩んだ人

2018年2月22日付け「編集手帳」要約 俳壇のカリスマ敵存在だった金子兜太氏が98歳で亡くなった。 花鳥諷詠に背いて社会性を読む前衛俳句運動への貢献は広く知られるところだろう。 〈水脈の果て炎天の墓 …

2017.12.12付け「編集手帳」要約

真実にかぶさるほこりを払え

2017年12月12日付け「編集手帳」要約 江戸の時代、13日は年に一度の大掃除「煤払い」の日だった。 相撲界が、元横綱・日馬富士の傷害事件の掃除をすませ、来年を迎える準備が整うのはいつだろう。 鳥取 …

2017.07.13付け「編集手帳」要約

昔は立派な父親がいた

2017年7月13日付け「編集手帳」要約 「うたのおばさん」として親しまれる童謡歌手、安西愛子さんの訃報に接し、 国語学者・金田一晴彦さんの失恋談義を読み返している。 旧制浦和高校の時、帰省の際に出会 …

2018.01.18付け「編集手帳」要約

ふるさとから受けた恩恵

2018年1月18日付け「編集手帳」要約 芥川賞を射止めた若竹千佐子さん(63)は、郷里の「方言」から恩恵を受けた。 作家を目指して何年も苦闘を重ねたが、かつてなじんだ方言に着目したとたん、筆がどんど …

2017.03.22付け「編集手帳」要約

本日天気晴朗ナラズシテ浪高シ

2017年3月22日付け「編集手帳」要約 日露戦争の日本海海戦を勝利に導いた作戦参謀・秋山真之。 大局を知れば十分と、戦闘中に双眼鏡をのぞかなかった。 石原慎太郎氏もこの流儀か。 百条委員会で「記憶に …