編集手帳

東海道駅伝徒歩競技開催から100年

投稿日:2017年4月26日 更新日:

2017年4月26日付け「編集手帳」要約

土岐善麿は歌人として知られる。
が、日本陸上競技の歴史を語るとき、その名は欠かせない。
土岐が、日本初の駅伝大会「東海道駅伝徒歩競技」を企画したのは、1917年4月27日。
明日で100年を迎える。
その成功を受けて箱根駅伝が誕生する。
みずから植えた小さな苗が正月の国民的な風物詩になろうとは思ってもいなかったろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.02付け「編集手帳」要約

次はどんな歌が流れているだろう

2017年12月2日付け「編集手帳」要約 大衆音楽研究家の長田暁二さんは「川の流れのように」をあえて昭和の最後を飾る流行歌に選んでいる。 あえて、としたのは発売日が1989年1月11日、平成元年の4日 …

2017.11.21付け「編集手帳」要約

冬の装飾に欠かせない凩

2017年11月21日付け「編集手帳」要約 【木枯らし】は【凩】とも書く。 【凩】と書けば、木に北風がヒュルルーンと通り過ぎていくさまに見えて、ふしぎな心持ちになる。 凩が吹く初冬は、強い寒気が列島を …

2017.03.23付け「編集手帳」要約

子供は誰もが詩人の心を備えている

2017年3月23日付け「編集手帳」要約 作家・中勘助は幼い頃、「を」が女性の座った形に見え好きだった。 その繊細な感性は“栴檀は双葉より芳し”だろう。 子供は誰もが香り高い詩人の心を備えているのかも …

2017.08.17付け「編集手帳」要約

謝らない子供を叱りなさい

2017年8月17日付け「編集手帳」要約 「パパ、ランガーさんが窓ガラスで目のボール壊しちゃったよ」。 西洋の小話である。 博愛と平等の心が一枚の美しい硝子ならば、差別と偏見はそれを粉々に砕くボールだ …

2018.09.07付け「編集手帳」要約

山の恵みを忘れそうになる

2018年9月7日付け「編集手帳」要約 北海道厚真町で広範囲におよぶ山崩れが発生した。 多くの方が奇観に目を疑ったことだろう。 山という山が尾根の部分にわずかに緑を残し、赤茶けた山肌をさらした。 未明 …