編集手帳

昭和の名調子に西陽が差す

投稿日:2017年4月25日 更新日:

2017年4月25日付け「編集手帳」要約

三遊亭円歌さんが85歳で亡くなった。
渋い芸風や枯淡の境地には目もくれず、爆笑落語ひと筋の道を歩み通した人である。
「山のアナアナ、あなた、もう寝ましょうよ」
「“寝ましょうよ”だけ、なんでスッと出るんだ、このヤロ」
記憶の中の名調子に、昭和の西陽が差す心地がする。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.03付け「編集手帳」要約

誉められめい

下から読むのは言葉遊びのイロハ。 自分の名を下から読んだのは、歌人の“言葉の魔術師”塚本邦雄さんである。 〈鬼来とも勝つ〉。 きょうの節分、豆で追い払いたい鬼は人それぞれだろう。 明けてあすは立春であ …

2017.08.11付け「編集手帳」要約

ささやかな幸せを…、と星に祈る

2017年8月11日付け「編集手帳」要約 あす12日は、『見上げてごらん夜の星を』を歌った坂本九さんの命日である。 その深夜から「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。 見上げてみたい星であるが、見上 …

観光立国として裾野を広げたい

観光立国として裾野を広げたい

2017年5月4日付け「編集手帳」要約 大型連休中に、東北地方などで豪華な観光列車が走る。 東京や京都などを回る「ゴールデンルート」から外れて、 あまり知られていない地方に足を向ける訪日外国人が増えて …

2017.09.15付け「編集手帳」要約

今度こそ…組織の立て直しを急げ

2017年9月15日付け「編集手帳」要約 またしても日本年金機構の不祥事が繰り返された。 現場でミスに気づきながら、放置されてきたらしい。 前身の社会保険庁時代から少しも変わらぬ無責任体質にあきれるほ …

2017.06.14付け「編集手帳」要約

お茶を飲み「どうにかなる」とつぶやく

2017年6月14日付け「編集手帳」要約 〈茶煩悩即菩提〉。 「茶」は十を二つ並べた草かんむりに八十八を書き足して茶になる。 百八の迷い〈煩悩〉が悟り(菩提)に至る縁となる、との教えである。 お茶の気 …