編集手帳

昭和の名調子に西陽が差す

投稿日:2017年4月25日 更新日:

2017年4月25日付け「編集手帳」要約

三遊亭円歌さんが85歳で亡くなった。
渋い芸風や枯淡の境地には目もくれず、爆笑落語ひと筋の道を歩み通した人である。
「山のアナアナ、あなた、もう寝ましょうよ」
「“寝ましょうよ”だけ、なんでスッと出るんだ、このヤロ」
記憶の中の名調子に、昭和の西陽が差す心地がする。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.05付け「編集手帳」要約

落ちが見えそうで見えない長い話

2017年12月5日付け「編集手帳」要約 上方落語『三年酒』に「おねおねの佐助さん」という珍しい特技を持つ人物が登場する。 現場が大阪のせいか、国会での政府答弁に佐助さんがだぶらないでもない。 国有地 …

2017.05.05付け「編集手帳」要約

不思議でたまらない

2017年5月5日付け「編集手帳」要約 大型連休も終盤を迎え、きょうはこどもの日である。 金子みすゞの〈私は不思議でたまらない〉と繰り返される『不思議』という詩のように、 親子で「不思議」を探しに出か …

2017.04.13付け「編集手帳」要約

今夜は筆が進まない

2017年4月13日付け「編集手帳」要約 ひとつの歌にも数奇な運命がある。 ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。 だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。 NHKには視聴者 …

2017.05.18付け「編集手帳」要約

誠実で心優しく、似合いのお二人

2017年5月18日付け「編集手帳」要約 秋篠宮ご夫婦の長女、眞子さま(25)との「婚約」が報じられた。 そのお相手の小室圭さん(25)が、「お待ちいただき申し訳ございません」。 と、職場の前で待ち構 …

2018.05.11付け「編集手帳」要約

心にとりつくのは何の念だろう

2018年5月11日付け「編集手帳」要約 きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。 〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉 記憶は“つもる”もの。 それが自然だと思う …