編集手帳

弱い花に目を配りたい

投稿日:2017年4月23日 更新日:

2017年4月23日付け「編集手帳」要約

口ずさんだことなのい人は稀だろう、童謡『チューリップ』。
「どのはなみても きれいだな」という一節は、
作詞者の近藤宮子さんが、
「赤も白も黄色も、それぞれの美しさ、良さがある。何事にもいいものがあり、殊に弱いものに目を配りたい」
という気持ちを投影した。
子供の一人ひとりが、目を配るべき弱い花であろう。
いつになくそれが意識される今年の大型連休前である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.07.13付け「編集手帳」要約

ロケットマンに家族の悲しみが伝わるか

2018年7月13日付け「編集手帳」要約 先ごろ平壌を訪れたポンペオ国務長官は大統領から金正恩委員長への贈り物としてエルトン・ジョンのCDを携えたという。 その中には「ロケット・マン」が収録されていた …

2017.07.29付け「編集手帳」要約

恩知らずは誰だ

2017年7月29日付け「編集手帳」要約 ルイ14世は〈役職をひとつ設けるたび、私は100人の不満分子と1人の恩知らずを作る〉と嘆いた。 稲田防衛相が「消えた日報問題」の監督責任をとって辞任をした。 …

2017.04.07付け「編集手帳」要約

そっくり返ったドブ板

2017年4月7日付け「編集手帳」要約 「日なたのドブ板じゃないが、すぐそっくり返る…」 ドブ板選挙で、有権者一人ひとりに支持を訴え頭を下げに下げて当選すると、 いやに偉そうなドブ板になってしまう人が …

2018.07.18付け「編集手帳」要約

青空と太陽の貸しを返させよう

2018年7月18日付け「編集手帳」要約 〈…きみたちは/甲子園に1イニングの貸しがある/そして/青空と太陽の貸しもある〉『甲子園の詩 敗れざる君たちへ』 詩の本意は無念よりもその後の人生の励ましだろ …

2018.07.29付け「編集手帳」要約

牛より丑がやっぱり恋しい

2018年7月29日付け「編集手帳」要約 土用の丑の日はウシを食べよう! 高騰し続ける一方のウナギの価格に、ウシつながりに賭けた飲食店や百貨店があったとか。 来年の国際会議での議論次第でニホンウナギの …