編集手帳

弱い花に目を配りたい

投稿日:2017年4月23日 更新日:

2017年4月23日付け「編集手帳」要約

口ずさんだことなのい人は稀だろう、童謡『チューリップ』。
「どのはなみても きれいだな」という一節は、
作詞者の近藤宮子さんが、
「赤も白も黄色も、それぞれの美しさ、良さがある。何事にもいいものがあり、殊に弱いものに目を配りたい」
という気持ちを投影した。
子供の一人ひとりが、目を配るべき弱い花であろう。
いつになくそれが意識される今年の大型連休前である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.01付け「編集手帳」要約

心おきなく野球をしたかっただろう

17歳の時、ベーブルースのいる大リーグ選抜をなで斬りにし、 巨人で活躍し、27歳で戦死した沢村栄治。 きょうは沢村の生誕100年の日にあたる。 また、プロ野球春季キャンプが始まる日でもある。 心おきな …

2018.04.10付け「編集手帳」要約

メッキの下にあるものは?

2018年4月10日付け「編集手帳」要約 太鼓持ちは「バカのメッキをした利口者でないとなれない職業なんです」。 財務省理財局は、その職業では見事に落第だろう。 森友学園問題で、新たに口裏合わせが発覚し …

2017.10.29付け「編集手帳」要約

タンスの奥のハンカチ

2017年10月29日付け「編集手帳」要約 〈引き出しの/奥のハンカチ/今日も奥〉 言われてみればそうだが、スポーツの指導者はそうはいかない。 生身の人間を選び、出番を与えるのは、どれほど難しのだろう …

2017.07.04付け「編集手帳」要約

初心に帰る以外に道はない

2017年7月4日付け「編集手帳」要約 東京都議会選で自民党は、小池百合子知事の率いる地域政党に圧倒され、歴史的大敗を喫した。 国会の強引な運営。 閣僚の失言。 メディアへの八つ当たり。 〈勝ちに不思 …

2017.11.24付け「編集手帳」要約

赤にのみ込まれるようでは困る

2017年11月24日付け「編集手帳」要約 きょうは「ブラックフライデー」、感謝祭の翌日の金曜日のことで年末商戦の幕開けを告げる。 小売店の黒字が膨らむことからこうよばれるらしい。 この黒字の金曜日に …