編集手帳

弱い花に目を配りたい

投稿日:2017年4月23日 更新日:

2017年4月23日付け「編集手帳」要約

口ずさんだことなのい人は稀だろう、童謡『チューリップ』。
「どのはなみても きれいだな」という一節は、
作詞者の近藤宮子さんが、
「赤も白も黄色も、それぞれの美しさ、良さがある。何事にもいいものがあり、殊に弱いものに目を配りたい」
という気持ちを投影した。
子供の一人ひとりが、目を配るべき弱い花であろう。
いつになくそれが意識される今年の大型連休前である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.29付け「編集手帳」要約

クローンで国宝の価値を再認識

2018年1月29日付け「編集手帳」要約 政府が昨年末に発表した「文化経済戦略」は、クローン文化財のような「高精細レプリカ」を、教育や観光の分野で活用する方針を盛り込んだ。 公開日数を制限されている重 …

2017.07.29付け「編集手帳」要約

恩知らずは誰だ

2017年7月29日付け「編集手帳」要約 ルイ14世は〈役職をひとつ設けるたび、私は100人の不満分子と1人の恩知らずを作る〉と嘆いた。 稲田防衛相が「消えた日報問題」の監督責任をとって辞任をした。 …

2017.07.19付け「編集手帳」要約

その人が残した、豊穣な麦の実

2017年7月19日付け「編集手帳」要約 日野原重明さんは、ハイジャックされた「よど号」の中で『カラマーゾフの兄弟』の一節を印象深く読み、 「業績をあげて有名な医者になる。そういう生き方はもうやめた。 …

2017.12.12付け「編集手帳」要約

真実にかぶさるほこりを払え

2017年12月12日付け「編集手帳」要約 江戸の時代、13日は年に一度の大掃除「煤払い」の日だった。 相撲界が、元横綱・日馬富士の傷害事件の掃除をすませ、来年を迎える準備が整うのはいつだろう。 鳥取 …

2018.08.04付け「編集手帳」要約

安心して家族連れで来館下さい

2018年8月4日付け「編集手帳」要約 墨田区の「すみだ北斎美術館」。 今週、会館2年足らずで入館者が50万人を超えた。 夏休みに入り、子どもたちの見学も後押しした。 そこには「北斎漫画」「富獄三十六 …