編集手帳

デパート勢に奮起のエールを送る

投稿日:2017年4月20日 更新日:

2017年4月20日付け「編集手帳」要約

松坂屋銀座店の跡地に「GINZA SIX」がきょう開業する。
銀座の主役がデパートからテナントに移りつつあるらしい。
銀座の風景は、どう変わっていくのだろう。
かつてその“祝祭空間”も胸をときめかせた昭和の子供は、
デパート勢に奮起のエールを送っておく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.10付け「編集手帳」要約

犯人は家族の情けを知らない

2018年5月10日付け「編集手帳」要約 小さな子を育てる親の心情は、ありとあらゆる心配をする。 それでも帰ってきてくれるから、家族の日々が続いていく。 新潟県で起こった信じがたい事件。 大桃珠生ちゃ …

2017.09.08付け「編集手帳」要約

代書せず

2017年9月8日付け「編集手帳」要約 元神戸市議が政務活動費の不正使用で辞職した。 落語の『代書』の住人と違って、悪質極まりない。 「号泣議員」にとどまることなく、不正が続いているのは、公金感覚が欠 …

2017.06.01付け「編集手帳」要約

正々堂々と精進します

2017年6月1日付け「編集手帳」要約 『一本刀土俵入り』、駒形茂兵衛は情けをかけてもらったお蔦に、 横綱になっても気づいてもらうために本名で通すと誓った。 大関昇進を決めた高安関、大関になってからも …

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2018.01.23付け「編集手帳」要約

スコップよりシャベルが必要な日

2018年1月23日付け「編集手帳」要約 〈スコップはシャベルより小型のものをいうことが多いが、地方によって逆の場合もある〉(大辞泉)。 関東地方で今日あたり必要なものはシャベルと呼んだほうが良さそう …