編集手帳

天の計らいはときに薄情すぎる

投稿日:2017年4月18日 更新日:

2017年4月18日付け「編集手帳」要約

踏切内で、立ち止まった高齢の男性を救助しようとして、
銀行員の児玉征史さん(52)が電車にはねられて亡くなった。
勇気。
崇高。
無私。
浮かぶ言葉すべてをもってしても、ご遺族の悲しみは癒せまい。
美しい心がもっとも美しく現れる瞬間を狙いすまして、人を泣かせる。
天の計らいは、ときに薄情すぎる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.17付け「編集手帳」要約

答えが地図にあるとはかぎるまい

2018年1月17日付け「編集手帳」要約 大学入試センター試験・地理Bでムーミンの舞台がフィンランドであることを前提とする問題が出た。 原作に地域の記述はない。 A国人が書けば、むろん舞台もA国…そん …

2018.10.14付け「編集手帳」要約

秋時間の長短を体感する晩秋

2018年10月14日付け「編集手帳」要約 大人の一年は子供に比べて短いというジャネーノ法則。 先日の記事にもうそんな季節かとギョッとした。 京都・南座で師走の風物詩、「まねき書き」が披露されたという …

2018.04.12付け「編集手帳」要約

一番に望むこと

2018年4月12日付け「編集手帳」要約 松山刑務所大井造船作業場から服役中の男が逃げ出し今日で五日目となる。 男が運転する盗難車が向島で見つかった。 万が一にも住民が傷つく事件が起こらぬよう祈るばか …

2017.08.06付け「編集手帳」要約

大輪をめでつつ、恐怖の経験に思いを致す

2017年8月6日付け「編集手帳」要約 花火は時として空襲や原爆を思い出す。 季節の風物詩も、経験によっては忌まわしい記憶と結びつく。 〈あの閃光が忘れえようか〉(峠三吉「八月六日」) その日がまため …

2018.05.08付け「編集手帳」要約

ご高説より先に浮かべた風景

2018年5月8日付け「編集手帳」要約 読売KODOMO新聞の新連載に、名探偵コナンが学習漫画にスタイルを変え登場する。 その名も『ニュース探偵コナン』 若者の教養離れを嘆く人がいるが、子供の頃、漫画 …