編集手帳

天の計らいはときに薄情すぎる

投稿日:2017年4月18日 更新日:

2017年4月18日付け「編集手帳」要約

踏切内で、立ち止まった高齢の男性を救助しようとして、
銀行員の児玉征史さん(52)が電車にはねられて亡くなった。
勇気。
崇高。
無私。
浮かぶ言葉すべてをもってしても、ご遺族の悲しみは癒せまい。
美しい心がもっとも美しく現れる瞬間を狙いすまして、人を泣かせる。
天の計らいは、ときに薄情すぎる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.12付け「編集手帳」要約

心の美醜も皮一重

2017年5月12日付け「編集手帳」要約 〈鉄面〉「公平剛直で権勢を恐れないこと」(『日本国語大辞典』小学館)。 それが〈鉄面皮〉と一文字を足すと、「恥を恥とも思わないこと」と早変わりするのだから言葉 …

2018.08.12付け「編集手帳」要約

安心して下さいと綴れる日が早く来い

2018年8月12日付け「編集手帳」要約 松江市の南部、旧揖屋町には黄泉比良坂の当該地を示す石碑が立つ。 そこに置かれたポストには、天国に向けた手紙、の投函が相次いでいるという。 それと同じ言葉が今、 …

2017.05.29付け「編集手帳」要約

政治家が美男美女に描かれる条件

2017年5月29日付け「編集手帳」要約 戦国武将や幕末の志士に続き、昭和の宰相も物語の主役となる時代が来た。 池田勇人元首相を描いた、大和田秀樹さんの漫画『疾風の勇人』が話題を読んでいる。 現代風の …

2017.03.14付け「編集手帳」要約

司法は世論を重んじてはいけない

2017年3月14日付け「編集手帳」要約 韓国の憲法裁判所が宣告した朴槿恵大統領の罷免。 法理より世論を重んじたとみる専門家が少なくない。 司法の独立とは、政治権力からの独立であると同時に、 大衆圧力 …

2018.04.28付け「編集手帳」要約

贈り物の受け取り主になって欲しい

2018年4月28日付け「編集手帳」要約 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長が会談した。 二人が手をつないで軍事境界線上の板門店を歩く姿は、たしかに歴史に残る光景ではあろう。 文氏は「平和を願う …