編集手帳

今夜は筆が進まない

投稿日:2017年4月13日 更新日:

2017年4月13日付け「編集手帳」要約

ひとつの歌にも数奇な運命がある。
ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。
だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。
NHKには視聴者の反響が殺到する。
ペギー葉山さんが83歳で死去した。
『学生時代』『爪』、歌が唇によみがえり、今夜は筆が進まない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.19付け「編集手帳」要約

腹の中が火事コだろう

2017年4月19日付け「編集手帳」要約 棟方志功は自分の作品を「板画」と称した。 神奈川県の所蔵する作品『宇宙讃(神奈雅和の柵)』が何者かにより、 カラーコビーの偽物にすり替わっていたという。 3年 …

2017.05.25付け「編集手帳」要約

土俵に帰ってくる日を待つ

2017年5月25日付け「編集手帳」要約 「稀勢の里、危ない!」 大相撲の夏場所、稀勢の里−千代の国戦。 俵に追いつめられた横綱にアナウンサーが叫んだ。 左肩の負傷、完治にほど遠い身で土俵を務める姿に …

2017.10.15付け「編集手帳」要約

信頼関係無くして平和解決はない

2017年10月15日付け「編集手帳」要約 核戦争が危ぶまれた、1962年のキューバ危機の際、 ケネディ大統領は軍を抑え、フルシチョフ首相はキューバの核ミサイル基地撤去を決断し、戦争を逃れた。 当時の …

2017.01.19付け「編集手帳」要約

殿によく馴染む二文字

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。 トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。 就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。 狭量と短慮が招いた数字だろう。 …

2017.04.18付け「編集手帳」要約

天の計らいはときに薄情すぎる

2017年4月18日付け「編集手帳」要約 踏切内で、立ち止まった高齢の男性を救助しようとして、 銀行員の児玉征史さん(52)が電車にはねられて亡くなった。 勇気。 崇高。 無私。 浮かぶ言葉すべてをも …