編集手帳

今夜は筆が進まない

投稿日:2017年4月13日 更新日:

2017年4月13日付け「編集手帳」要約

ひとつの歌にも数奇な運命がある。
ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。
だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。
NHKには視聴者の反響が殺到する。
ペギー葉山さんが83歳で死去した。
『学生時代』『爪』、歌が唇によみがえり、今夜は筆が進まない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.11.05付け「編集手帳」要約

キノコに学んでみるのもいい

2018年11月5日付け「編集手帳」要約 キノコが豊作の今秋は採集に伴う事故にご注意ください。 キノコの本体は地中に広がる菌糸で、インターネットさながら森の植物を結びつけ、 朽ち木や落ち葉を分解して新 …

2017.09.22付け「編集手帳」要約

まずは自分の頭で考える

2017年9月22日付け「編集手帳」要約 加齢とともに増えるのが、流行語や新語の意味が分からない人の割合とど忘れ。 この頃では、スマホの検索機能を使えばたちどころに示される。 その分、自分で思い出す力 …

2018.03.08付け「編集手帳」要約

ファンタジーノベル『平和国家北朝鮮』

2018年3月8日付け「編集手帳」要約 「『平和国家アメリカ』という本はおいてありますか?」 「ええあるわよ。ファンタジーノベルの棚に」 米国のジョークである。 金正恩委員長が韓国の特別使節団との会談 …

2017.03.02付け「編集手帳」要約

死を通して生を見つめた人

2017年3月2日付け「編集手帳」要約 時間の作用なしには絵にも詩にもならない経験がある。 当時14歳、長崎の被爆体験が芥川賞受賞作『祭りの場』に結晶するまで、30年の時を要した。 作家の林京子さんで …

2018.07.25付け「編集手帳」要約

ふだんの夏に早くもどれることを

2018年7月25日付け「編集手帳」要約 倉敷市真備町で断水が解消された。 西日本豪雨の被災者には高齢世帯が大きと聞いていたので、少しホッとする。 台所にはまだ泥が残り、災害ごみが片付かないにしても、 …