編集手帳

電光石火

投稿日:2017年4月8日 更新日:

2017年4月8日付け「編集手帳」要約

トランプ大統領が〈電光石火〉で、シリアの政府軍基地を順応ミサイルで攻撃した。
オバマ政権時から、米国の姿勢は一変した。
北朝鮮も衝撃を受けたに違いない。
恐れをなして身を慎めばいいが、逆に狂奔しないとも限らない。
「電光」は稲妻、「石火」は火打ち石の火という。
東アジア、とりわけ日本に何をもたらすか。
余談を許さぬ雷鳴であり、火である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.09.21付け「編集手帳」要約

谷底に足音を響かせることも思い出せ

2018年9月21日付け「編集手帳」要約 韓国の文大統領が北朝鮮の金委員長と連れ立って白頭山の頂に登った。 南北会談の間、文氏は谷底で人権弾圧に苦しむ人々に目を向けただろうか。 白頭山は金王朝が世襲独 …

2018.09.05付け「編集手帳」要約

災害に立ち向かうとは逃げること

2018年9月5日付け「編集手帳」要約 【風潮】は、同形異義語であることが忘れ去らたかのような言葉だ。 かざしお、と読めば〈台風などのために起こる高潮〉の意味だ。 台風21号で高潮の被害にあった関西国 …

2018.01.25付け「編集手帳」要約

まがいものに見える戌年の平昌五輪

2018年1月25日付け「編集手帳」要約 戌年に開催される平昌五輪。 「戌」には打ち消しの否から転じた例があるといい、それをダブらせてしまう。 参加を決めた北朝鮮に譲歩しすぎだと、文在寅政権へ国内世論 …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2018.07.20付け「編集手帳」要約

こんなこと書かせてはだめだ

2018年7月20日付け「編集手帳」要約 船戸結愛ちゃんの事件を受けて、政府は全国の児童相談所で虐待に対応する児童福祉司を約2000人増員するという。 子供たちが、悲しい物語に落とし込まれているのを見 …