編集手帳

看という字に口も重なるといい

投稿日:2017年4月4日 更新日:

2017年4月4日付け「編集手帳」要約

病気や体調不良のとき、外国で言葉が通じないのは困りものである。
そこで東京大学病院など約20の病院で、
医療の現場で使える自動翻訳装置の実証実験を始めるという。
AIを用いて痛みの細かなニュアンスも訳し分けるという。
〈手と/目が/優しく/重なっている/看という字〉(見出丘)。
やさしい手と目に、AIという通訳の達者な“口”も重なるといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.29付け「編集手帳」要約

公約の用法を見極めねばならない

2017年9月29日付け「編集手帳」要約 衆院が解散され、晩秋の選挙となる。 直前まで解散の影もなかったからか、突貫工事の公約づくりがどうも心もとない。 与党も野党も、患部に正しく聞く膏薬ならぬ公約を …

2017.01.24付け「編集手帳」要約

サクラサク

〈受験子の旅立つ朝を常の如〉 我が家には受験生はいないのだが、この半月ほど一句の親心に似た気持ちで過ごしてきた。 大相撲の初場所で、大関稀勢の里(30)が初の賜杯を手にした。 浪人中の息子に合格通知が …

2017.07.28付け「編集手帳」要約

立派なハンドルを装備せよ

2017年7月28日付け「編集手帳」要約 民進党の蓮舫代表が辞任をするという。 その党を会社に例えると、〈民主自動車〉の頃、外交・安全保障というハンドルが脱落する欠陥を製造して客足が遠のいた。 〈民進 …

2017.08.17付け「編集手帳」要約

謝らない子供を叱りなさい

2017年8月17日付け「編集手帳」要約 「パパ、ランガーさんが窓ガラスで目のボール壊しちゃったよ」。 西洋の小話である。 博愛と平等の心が一枚の美しい硝子ならば、差別と偏見はそれを粉々に砕くボールだ …

2017.07.11付け「編集手帳」要約

遠くからそっと見守るのがいい

2017年7月11日付け「編集手帳」要約 「海の正倉院」と呼ばれる沖ノ島が、世界遺産の文化遺産のリストに加わる。 封を施さずとも秘宝が守られたのは一木一草一石たりとも持ち出せず、立ち入りが厳しく制限さ …