編集手帳

看という字に口も重なるといい

投稿日:2017年4月4日 更新日:

2017年4月4日付け「編集手帳」要約

病気や体調不良のとき、外国で言葉が通じないのは困りものである。
そこで東京大学病院など約20の病院で、
医療の現場で使える自動翻訳装置の実証実験を始めるという。
AIを用いて痛みの細かなニュアンスも訳し分けるという。
〈手と/目が/優しく/重なっている/看という字〉(見出丘)。
やさしい手と目に、AIという通訳の達者な“口”も重なるといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.22付け「編集手帳」要約

まずは自分の頭で考える

2017年9月22日付け「編集手帳」要約 加齢とともに増えるのが、流行語や新語の意味が分からない人の割合とど忘れ。 この頃では、スマホの検索機能を使えばたちどころに示される。 その分、自分で思い出す力 …

2017.10.25付け「編集手帳」要約

チンピンとは俺のことかとジンピン言い

2017年10月25日付け「編集手帳」要約 〈ギョーテとは俺のことかとゲーテ言い〉 外国の発音を片仮名に置き換えるのは難しい。 ゲーテは当初29通りの表記が見られたという。 それに比べると習近平国家主 …

2017.01.08付け「編集手帳」要約

人間は野菜ほど強くない

ネギやダイコンなどは冬の寒さに触れて甘みを帯びる。 松が開けたところで、野菜に倣って冷気にあたり、緩んだ我が身に活を入れる。 それもいいかなと思うが、この時期に体調を崩す「正月病」には体を温めて睡眠の …

2017.10.02付け「編集手帳」要約

受賞者の「男女逆転」を夢見たい

2017年10月2日付け「編集手帳」要約 オスとメスが「逆転」した昆虫を発見が、今年の「イグ・ノーベル賞」に輝いた。 北大・吉澤准教授と慶大・上村教授らの研究である。 日本人の受賞は11年連続。 「面 …

2018.03.21付け「編集手帳」要約

刃のない言葉に不思議とほっとする

2018年3月21日付け「編集手帳」要約 弟子の貴公俊の暴力事件後、久しぶりに貴乃花親方が“刃”のない言葉で語る姿をテレビで拝見した。 相撲協会との険悪な関係になっていたが、これを機に協会に歩み寄って …