編集手帳

看という字に口も重なるといい

投稿日:2017年4月4日 更新日:

2017年4月4日付け「編集手帳」要約

病気や体調不良のとき、外国で言葉が通じないのは困りものである。
そこで東京大学病院など約20の病院で、
医療の現場で使える自動翻訳装置の実証実験を始めるという。
AIを用いて痛みの細かなニュアンスも訳し分けるという。
〈手と/目が/優しく/重なっている/看という字〉(見出丘)。
やさしい手と目に、AIという通訳の達者な“口”も重なるといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.07付け「編集手帳」要約

その人も身のまわりに集めてほしい

米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏が、メキシコに工場を新設するトヨタ自動車を批判した。 例によって事実誤認と思い込みを織りまぜた極論である。 アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれた言葉が知られてい …

2018.01.31付け「編集手帳」要約

「かなくりしそう」です

2018年1月31日付け「編集手帳」要約 姓の読みは西に行くほど濁らない傾向があるという。 来年の大河ドラマの主役モデルとなった「金栗四三」は、名字どころか名前も濁らないことが分かった。 波乱の人生を …

2018.02.17付け「編集手帳」要約

名文句が生まれることを祈る

2018年2月17日付け「編集手帳」要約 五輪の名場面に名文句はつきものなのだろう。 「世界中の青空を、全部東京に持ってきてしまったような」 「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」 「立て …

2017.06.20付け「編集手帳」要約

裏切られた悪筆伝説の理由

2017年6月20日付け「編集手帳」要約 文藝春秋の社長を務めた池島信平氏は若い頃、編集者として、悪筆で名高い長谷川伸を担当した。 その直筆原稿が自宅に現存しているという記事を見て、おやと思った。 ち …

2017.01.05付け「編集手帳」要約

びっくり箱の蓋がひらく

米国の経済界では、株主が四半期ごとの成果を求める。 そのため経営者は短期の損得勘定にことのほか敏感だと聞く。 大統領と国務長官がそろって政治・外交経験のない「トランプ政権」が、 まもなく米国に誕生する …