編集手帳

余計な憂いも消えるといい

投稿日:2017年4月3日 更新日:

2017年4月3日付け「編集手帳」要約

きょうが本格始動の新社会人も多かろう。
この時期の天気と同じように新たな旅立ちへの期待と不安に揺れていることだろう。
働く環境が問われている。
政府の「働き方改革実行計画」は悪しき企業文化に転換を迫るという。
「誰もが、普通に働いて、普通に暮らせる。
それさえ実現できれば世の中のほとんどの問題は解決する」
社会に巣立つ若者の余計な憂いも消えるといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.21付け「編集手帳」要約

刃のない言葉に不思議とほっとする

2018年3月21日付け「編集手帳」要約 弟子の貴公俊の暴力事件後、久しぶりに貴乃花親方が“刃”のない言葉で語る姿をテレビで拝見した。 相撲協会との険悪な関係になっていたが、これを機に協会に歩み寄って …

2018.06.04付け「編集手帳」要約

名奉行は現れるだろうか

2018年6月4日付け「編集手帳」要約 江戸の南北の奉行所は、一ヶ月交代で窓口を開いた。 江戸の人々は南北のお奉行様を比べ、評判をささやき合った。 金さんや大岡越前が庶民に寄り添い、名奉行として後世に …

2018.01.21付け「編集手帳」要約

議員さんにあだ名をつけてみて

2018年1月21日付け「編集手帳」要約 「二つ名」には、その人の姿をまざまざと映しだす力がある。 歴史上の人物なら、伊達政宗の「独眼竜」、徳川綱吉の「犬公方」当たりが有名だ。 プロ野球は「傑作」の宝 …

2018.07.01付け「編集手帳」要約

道徳力を測る指標

2017年7月1日付け「編集手帳」要約 今春から小学校で道徳が教科になった。 『答えのない道徳の問題 どう解く?』にあるように、個々の内面的な原理として働く道徳をどう教えるのか。 現場では戸惑いの声も …

2018.02.24付け「編集手帳」要約

銃ウイルスの感染を広げるつもりか

2018年2月24日付け「編集手帳」要約 銃はウイルスの生態に似ている。 社会に蔓延するのも人ありきーーなのだが、トランプ大統領はわからないようである。 “感染”をさらに広げるつもりらしい。 フロリダ …