編集手帳

余計な憂いも消えるといい

投稿日:2017年4月3日 更新日:

2017年4月3日付け「編集手帳」要約

きょうが本格始動の新社会人も多かろう。
この時期の天気と同じように新たな旅立ちへの期待と不安に揺れていることだろう。
働く環境が問われている。
政府の「働き方改革実行計画」は悪しき企業文化に転換を迫るという。
「誰もが、普通に働いて、普通に暮らせる。
それさえ実現できれば世の中のほとんどの問題は解決する」
社会に巣立つ若者の余計な憂いも消えるといい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.28付け「編集手帳」要約

俺たちの明日は濃い霧の中

2017年2月28日付け「編集手帳」要約 『俺たちに明日はない』という“超訳”は、邦題の名作である。 その主役を演じたウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイがアカデミー賞のプレゼンターを務めた。 司 …

2017.03.10付け「編集手帳」要約

思い出遺産と名づけてみたい

2017年3月10日付け「編集手帳」要約 蚊取り線香など殺虫剤関連の歴史資料が、「化学遺産」に選ばれた。 あの渦巻きのお世話になったことのない人はいないだろう。 その匂いをかぐたびに、遠い日の家族の風 …

2017.07.14付け「編集手帳」要約

小さな幸せを知らずに逝った人

2017年7月14日付け「編集手帳」要約 歳時記と古典落語にひっそりと残る「藪入り」 明後日がその日にあたる。 今年に限って思い出されるのは、働き方を考えさせられるニュースのせいかも知れない。 電通の …

2017.01.24付け「編集手帳」要約

サクラサク

〈受験子の旅立つ朝を常の如〉 我が家には受験生はいないのだが、この半月ほど一句の親心に似た気持ちで過ごしてきた。 大相撲の初場所で、大関稀勢の里(30)が初の賜杯を手にした。 浪人中の息子に合格通知が …

2017.05.15付け「編集手帳」要約

蔡温からの格言

2017年5月15日付け「編集手帳」要約 琉球王国に「蔡温」という政治家がいた。 薩摩の琉球王国支配を、本意ではなかったが追い出すことが困難で、共存が最善策と考えた。 沖縄はきょう本土復帰45年を迎え …