編集手帳

ときにはそういう夜もある

投稿日:2017年3月31日 更新日:

2017年3月31日付け「編集手帳」要約

今日で3月が終わる。
故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。
いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、やがては上がる通り雨である。
濡れていけばいい。
〈人はみな悲しみの器。頭を垂りて心ただよふ夜の電車に〉
ときには、そういう夜もあるだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.09付け「編集手帳」要約

使命感にあふれ、公に尽くす選良を望む

2017年10月9日付け「編集手帳」要約 中国・清朝の雍正帝。 皇太子でもなく、40代まで部屋住みだっただけに、即位に「天命」を自覚したという。 〈天下政治のために働いて働き通した〉と評された。 国会 …

2017.11.25付け「編集手帳」要約

その国名が変わらないことを祈る

2017年11月29日付け「編集手帳」要約 『スティール・キス』(ジェフリー・ディーヴァー著)の中に、事故原因についてこんなセリフがある。 「…中国製のねじが、基準を満たさない金属で出来ているのかもし …

2017.09.07付け「編集手帳」要約

忠誠心の行方を改めて問う

2017年9月7日付け「編集手帳」要約 都民ファーストの会にとって、都議会戦後初の本格論戦の舞台となった都議会臨時会が閉会した。 知事への礼賛一色だった、という感想を聞く。 お追従と言っては失礼かもし …

2017.12.23付け「編集手帳」要約

寂寥に涙したに違いない

2017年12年23日付け「編集手帳」要約 アインシュタインは湯川博士を米国で出迎えた際、原爆製造を進言したことを涙を流して謝罪したという。 湯川博士も終戦間際、原爆研究に携わっていたことを一切公言す …

2017.01.10付け「編集手帳」要約

同じ道をたどらないように祈る

田中角栄元首相の人物像にトランプ時期米大統領が重なる。 元首相は最小限の資料で自分なりの論理を立て、国会答弁を乗り切ったというが、 20日の就任を前に独自の勉強を重ね、準備を整えているように見られない …