編集手帳

ときにはそういう夜もある

投稿日:2017年3月31日 更新日:

2017年3月31日付け「編集手帳」要約

今日で3月が終わる。
故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。
いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、やがては上がる通り雨である。
濡れていけばいい。
〈人はみな悲しみの器。頭を垂りて心ただよふ夜の電車に〉
ときには、そういう夜もあるだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.11付け「編集手帳」要約

時代の流れに抗う奇怪な鼻

2017年6月11日付け「編集手帳」要約 顔の主要部分の目鼻口で、鼻だけが加齢に伴う変化があまりないらしい。 なるほど、髪は白くなったが、鼻の形は同じに見えなくもない。 「渋谷暴動」に関与したとして逮 …

2018.05.27付け「編集手帳」要約

魔法を期待するのは夢物語なのか

2018年5月27日付け「編集手帳」要約 カンヌ映画祭で河瀬直美監督とジュリエット・ビノシュさんが出会う。 その縁が監督の創作意欲をかき立て、ビノシュさんが映画に出演する。 それは映画祭の持つ魔法の力 …

2018.07.03付け「編集手帳」要約

潜伏が先でかくれが後???

2018年7月3日付け「編集手帳」要約 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されることが決まった。 「かくれ」ではなく「潜伏」という語に戸惑う方もおいでだろう。 明治に入って …

2018.08.11付け「編集手帳」要約

あのラストシーンがまぶたに浮かぶ

2018年8月11日付け「編集手帳」要約 今週、ロバート・レッドフォード氏の引退の報が伝わった。 映画で共演したポール・ニューマンとの友情は銀幕にとどまるものではなかったと聞く。 その盟友の死去から来 …

2018.05.25付け「編集手帳」要約

心の重荷を背負わせる師

2018年5月25日付け「編集手帳」要約 寺田寅彦は熊本五高時代、英語教師、夏目金之助と運命の出会いをする。 当時俳人として有名だった先生から俳句の講釈をたっぷり聞いて帰った。 のちの東京の漱石邸には …