編集手帳

ときにはそういう夜もある

投稿日:2017年3月31日 更新日:

2017年3月31日付け「編集手帳」要約

今日で3月が終わる。
故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。
いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、やがては上がる通り雨である。
濡れていけばいい。
〈人はみな悲しみの器。頭を垂りて心ただよふ夜の電車に〉
ときには、そういう夜もあるだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.13付け「編集手帳」要約

昔は立派な父親がいた

2017年7月13日付け「編集手帳」要約 「うたのおばさん」として親しまれる童謡歌手、安西愛子さんの訃報に接し、 国語学者・金田一晴彦さんの失恋談義を読み返している。 旧制浦和高校の時、帰省の際に出会 …

2017.06.13付け「編集手帳」要約

大川村のうぐいすは人来と鳴く

2017年6月13日付け「編集手帳」要約 平安の人々はうぐいすの鳴き声を「ヒトク」と聴いた。 〈…ひとくとけさはうぐひすぞ鳴く〉(光孝天皇)。 「人来」にかけて、恋しい人が訪れる予感をその擬声語に重ね …

2017.09.12付け「編集手帳」要約

日本には残された時間が少ない

2017年9月12日付け「編集手帳」要約 「万人の万人による戦い」は〈孤独でまずしく、つらく残忍でみじかい〉生活であるらしい。 それよりひどい人生は、〈不快で残酷で長い人生である〉と言う。 2007年 …

2017.12.18付け「編集手帳」要約

実直さを忘れるな

2017年12月18日付け「編集手帳」要約 今年も企業の不祥事が相次いだ。 多くは現場を率いる社員が不正を見過ごしてきたことが原因だった。 「良い上司」とは何か、考えさせられる一年だった。 経営陣は「 …

2018.03.11付け「編集手帳」要約

つらい別れをした人の暮らし

2018年3月11日付け「編集手帳」要約 今生の別れは一日のとして人の胸のうちを去るはずはなく、立ち止まっては祈るーそれがつらい別れをした人の暮らしにちがいない。 東日本大震災から、きょうで7年になる …