編集手帳

ときにはそういう夜もある

投稿日:2017年3月31日 更新日:

2017年3月31日付け「編集手帳」要約

今日で3月が終わる。
故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。
いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、やがては上がる通り雨である。
濡れていけばいい。
〈人はみな悲しみの器。頭を垂りて心ただよふ夜の電車に〉
ときには、そういう夜もあるだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.21付け「編集手帳」要約

きょうの甲子園は何の日になる

2018年8月21日付け「編集手帳」要約 今夏の夏の甲子園で、笑顔と大声で、校歌をうたう金足農業高校の選手たち。 地元の子で占める県立の農業高校が決勝の舞台にコマを進めた。 土壇場の逆転劇で、ハラハラ …

2017.10.24付け「編集手帳」要約

新政権の大事な課題

2017年10月24日付け「編集手帳」要約 江戸時代の長州藩は〈へそくり〉を貯めていた。 撫育方と呼ぶ基金は、戦乱などの非常時に備えるため、藩が窮乏しても流用は許さなかった。 毛利家の藩主たちは批判に …

2017.12.19付け「編集手帳」要約

検査の要は外見ではない

2017年12月19日付け「編集手帳」要約 学校ではもう「身体検査」とは言わないらしい。 だが「政治の世界では」、〈死語ならず「身体検査」生きゐたり今は健康診断と言ふ〉(伊藤一彦)。 今年の永田町界隈 …

2018.04.07付け「編集手帳」要約

残したものは何だったのか

2018年4月7日付け「編集手帳」要約 歩けなかったクララがアルプスの草原に立つ場面を思い出し、涙腺がゆるむ方もおいでだろう。 いくつもの心温まる作品を生み出した高畑監督が82歳で亡くなった。 その人 …

2018.02.23付け「編集手帳」要約

ぴたり呼吸を合わせた笑顔が並んだ

2018年2月23日付け「編集手帳」要約 映画『男はつらいよ』の寅さんに 「お前と俺は別の人間なんだぞ。早い話が、オレがイモを食って、お前がプッと屁をするか?」 というセリフがある。 ようするに、別々 …