編集手帳

甘いカステラの語源

投稿日:2017年3月30日 更新日:

2017年3月30日付け「編集手帳」要約

カステラの語源は、「カスティーリャの焼き菓子」を意味するポルトガル語とされる。
隣国のスペインの地名を含んでいるのはなぜか?
岡美穂子・東京大学准教授の研究によると、
300年以上も昔、ポルトガルとスペイン両国でかわされた王室同士の結婚に由来するという。
甘いわけである。
〈人間であることに多少疲れたときに〉カステラの砂糖をこそぎ取って食べる。
もらい泣きに疲れた春、その心境が分かる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.09付け「編集手帳』要約

中露の及び腰がもどかしい

2017年9月9日付け「編集手帳」要約 黒田三郎の「紙風船」に無粋な連想をお詫びする。 幾度となく打ち上げて、射程を伸ばし、精度を上げてきたミサイル。 かの国のきょうは建国記念日だという。 この日に合 …

2017.07.25付け「編集手帳」要約

歴史の娘が亡くなった

2017年7月25日付け「編集手帳」要約 評論家犬飼道子さん。 祖父犬飼毅が「五・一五事件」で暗殺され、父・健氏が「ゾルゲ事件」の疑いで逮捕された。 難民の支援活動などで見せた不屈の意思は、昭和史が家 …

2017.10.20付け「編集手帳」要約

頼るべき友人が現れた

2017年10月20日付け「編集手帳」要約 囲碁の完璧な人工知能(AI)を開発したと、米グーグル系企業が発表した。 定石を一切習わず、AIとの対戦のみを繰り返し、わずか3日で身につけた能力だという。 …

2017.08.02付け「編集手帳」要約

十日一嵐

2017年8月2日付け「編集手帳」要約 天下太平の世を例えて、〈五日一風、十日一雨〉という。 天下不穏の“10日間”騒動である。 トランプ大統領が、10日前にみずから広報部長に指名したばかりのスカラム …

2017.12.05付け「編集手帳」要約

落ちが見えそうで見えない長い話

2017年12月5日付け「編集手帳」要約 上方落語『三年酒』に「おねおねの佐助さん」という珍しい特技を持つ人物が登場する。 現場が大阪のせいか、国会での政府答弁に佐助さんがだぶらないでもない。 国有地 …