編集手帳

無常の雪を恨む

投稿日:2017年3月29日 更新日:

2017年3月29日付け「編集手帳」要約

『存在』という川崎洋さんの詩の、終わりの二行が重い。
〈「二人死亡」と言うな/太郎と花子が死んだと言え〉
一人ひとりに歩んできた人生があり、これから歩むはずだった人生がある。
那須町のスキー場で高校生7人と教諭1人が雪崩事故で死亡した。
淳生さん。譲さん。宏祐さん。公輝さん。秀知さん。実さん。悠輔さん。優甫さん。
花も実もある春は、これからだろう。
無常の雪を恨む。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.13付け「編集手帳」要約

そもそもの議論はどうなった

2017年10月13日付け「編集手帳」要約 大磯町の「まずい給食」問題が決着するという。 町は業者との契約を解除する。 毛髪混入など異次元の浮上でかき消えたが、そもそもの議論はどうなったろう。 味が薄 …

2018.06.02付け「編集手帳」要約

東京の油井は観光資源を掘る

2018年6月2日付け「編集手帳」要約 2年後に迫る東京五輪のマラソンコースが決定した。 北は浅草、南は増上寺付近で折り返す。 それぞれ東京スカイツリー、東京タワーのふもとにあたる。 二つの巨塔が世界 …

2017.11.02付け「編集手帳」要約

楽にお金を得ようとしてもいいことはない

2017年11月2日付け「編集手帳」要約 「おれは大勢の盗人を見てきたが、腹が減ったから盗みを働いた人間にはあったことがない。 盗むのは…働くよりも楽だからだ」(バック・シャッツ) 福岡市・天神で4月 …

2017.04.23付け「編集手帳」要約

弱い花に目を配りたい

2017年4月23日付け「編集手帳」要約 口ずさんだことなのい人は稀だろう、童謡『チューリップ』。 「どのはなみても きれいだな」という一節は、 作詞者の近藤宮子さんが、 「赤も白も黄色も、それぞれの …

2017.04.30付け「編集手帳」要約

東西南北の北の比重大だった4月

2017年4月30日付け「編集手帳」要約 「読売新聞」という題号を決まるまでに、登場した案の一つに「東西南北」があった。 NEWSは、方角を示す四つの単語の頭文字を並べたものだという説がある。 北朝鮮 …