編集手帳

無常の雪を恨む

投稿日:2017年3月29日 更新日:

2017年3月29日付け「編集手帳」要約

『存在』という川崎洋さんの詩の、終わりの二行が重い。
〈「二人死亡」と言うな/太郎と花子が死んだと言え〉
一人ひとりに歩んできた人生があり、これから歩むはずだった人生がある。
那須町のスキー場で高校生7人と教諭1人が雪崩事故で死亡した。
淳生さん。譲さん。宏祐さん。公輝さん。秀知さん。実さん。悠輔さん。優甫さん。
花も実もある春は、これからだろう。
無常の雪を恨む。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.11付け「編集手帳」要約

熱意ある弁舌を望む

2017年10月11日付け「編集手帳」要約 近頃慌ただしく動いた野党再編も、なんとか落ち着き衆院選が公示された。 政治地図が「3極化」したといわれる。 日本の針路を誤りなく判断するために、投票日まで各 …

2017.09.05付け「編集手帳」要約

聞かぬ相手と知りながら叫ぶ

2017年9月5日付け「編集手帳」要約 北朝鮮による日本人拉致と政府が認定する事件は12件ある。 いずれの奪還もかなわぬまま事件から40年となる秋を迎えた。 救出を待ち続ける人がいる大地を一昨日の核実 …

2018.05.11付け「編集手帳」要約

心にとりつくのは何の念だろう

2018年5月11日付け「編集手帳」要約 きょうが忌日の萩原朔太郎の詩に次の一節がある。 〈記憶は雪のふるやうなもので/しづかに生活の過去につもるうれしさ〉 記憶は“つもる”もの。 それが自然だと思う …

2017.06.08付け「編集手帳」要約

梅雨来たりなば白南風も遠からじ

2017年6月8日付け「編集手帳」要約 きのう、西は四国、中国から東は関東甲信まで広い地域が梅雨入りした。 雨雲と太陽のせめぎあう空模様がしばらくつづく。 ちょうどいま、大学生の就職戦線が終盤の山場を …

2017.10.03付け「編集手帳」要約

そろわないと選ばないというが…

2017年10月3日付け「編集手帳」要約 はるか昔、「選」という字には「えらぶ」のほか「そろえる」の意があったという。 選ぶ、そろえるーーこの二つの動詞の奇縁を思わざるを得ない。 衆院選公示を前に、希 …