編集手帳

寡黙な花に男泣きがよく似合う

投稿日:2017年3月28日 更新日:

2017年3月28日付け「編集手帳」要約

人は以前ほど泣かなくなった。
教育が普及し、言葉で感情を伝えるようになり、
泣くという“身体言語”の出番が減ったからという。
大相撲春場所で負傷を押して強行出場し、
優勝した稀勢の里が君が代を聴きながら泣いた。
表彰式で賞杯を手にした苦悶の歪んだ顔、どれほどの痛みだったのか。
魂で咲いた寡黙な花に、男泣きがよく似合う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.20付け「編集手帳」要約

ピーキング

2017年9月20日付け「編集手帳」要約 スポーツの世界にビーキングという言葉がある。 安倍首相が衆院解散の意向を固めたという報に、この言葉が浮かんだ。 決戦前に一度、調子の底を迎えておくという調整方 …

2017.08.16付け「編集手帳」要約

陸上のニケ様

2017年8月16日付け「編集手帳」要約 ギリシャ神話の勝利の女神ニケ。 その人気はスポーツ用品の世界的なブランドのほか、ニコラス、ニコルといった人名にもその名をとどめている。 陸上の男子短距離、ウサ …

2017.08.26付け「編集手帳」要約

子どもを誘い秋の気配を探そう

2017年8月26日付け「編集手帳」要約 夏休みを縮める動きが、公立の小中学校で広がりつつあるらしい。 大阪市の全小学校では1週間短縮、東京でも9月を待たずに休みを切り上げる学校が珍しくない。 「授業 …

2018.01.10付け「編集手帳」要約

成人に見せたくない見世物が続く

2018年1月10日付け「編集手帳」要約 年初の夢に突如として人間のどろどろが染み出すかのような騒ぎが続く。 五輪の代表争いで、カヌーの選手がライバルの飲料に禁止薬物を入れていたことが発覚した。 成人 …

2017.12.21付け「編集手帳」要約

1分半

2017年12月21日付け「編集手帳」要約 なぜ異音や異臭をそのままに新幹線は3時間も運転を続けたのだろう。 亀裂の生じた台車枠は残りわずか3センチで破断していたという。 脱線すればどうなっていたか、 …