編集手帳

寡黙な花に男泣きがよく似合う

投稿日:2017年3月28日 更新日:

2017年3月28日付け「編集手帳」要約

人は以前ほど泣かなくなった。
教育が普及し、言葉で感情を伝えるようになり、
泣くという“身体言語”の出番が減ったからという。
大相撲春場所で負傷を押して強行出場し、
優勝した稀勢の里が君が代を聴きながら泣いた。
表彰式で賞杯を手にした苦悶の歪んだ顔、どれほどの痛みだったのか。
魂で咲いた寡黙な花に、男泣きがよく似合う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.14付け「編集手帳」要約

対策がいる、支援がいる

2018年4月14日付け「編集手帳」要約 前震、本震と2度の「震度7」に見舞われた熊本地震から、きょうで2年になる。 いまだ約3万8000人の方が仮設住宅などの仮住まいを余儀なくされているという。 今 …

2018.01.11付け「編集手帳」要約

「重」い「言」葉

2018年1月11日付け「編集手帳」要約 意味の重複することがを重言というが、車に関するものが多い。 言葉の神様があえてくどい言い回しで安全への思慮を促しているように思えなくもない。 免許の返納を家族 …

2018.01.14付け「編集手帳」要約

冬の香りを楽しみたい

2018年1月14日付け「編集手帳」要約 正月を締めくくるどんと焼き。 立ち上る炎をともに辺りに漂う木やわらの焼ける匂いに、参加者はどんな印象を残すだろうか。 食べ物の探索や敵の察知など生存に欠かせな …

2018.06.27付け「編集手帳」要約

嫌がらせのデパート

2018年6月27日付け「編集手帳」要約 プロレスにもヘッドロックを欠ける際に、左腕を使うという紳士協定がある。 だが、停職処分となった明石市の元部長は、部下を平手打ちし、ヘッドロックをかけ、顔に殺虫 …

2017.08.03付け「編集手帳」要約

名前はなかったが、以って瞑すべし

2017年8月3日付け「編集手帳」要約 夏目家の猫も名前がなかった。 といっても、冷遇されていたわけではなかったようだ。 死の床にある猫をじっと見つめていた様子が、『猫の墓』と題する一編に書かれている …