編集手帳

寡黙な花に男泣きがよく似合う

投稿日:2017年3月28日 更新日:

2017年3月28日付け「編集手帳」要約

人は以前ほど泣かなくなった。
教育が普及し、言葉で感情を伝えるようになり、
泣くという“身体言語”の出番が減ったからという。
大相撲春場所で負傷を押して強行出場し、
優勝した稀勢の里が君が代を聴きながら泣いた。
表彰式で賞杯を手にした苦悶の歪んだ顔、どれほどの痛みだったのか。
魂で咲いた寡黙な花に、男泣きがよく似合う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.14付け「編集手帳」要約

兄貴分の貫禄の見せどころ

2017年4月14日付け「編集手帳」要約 ならず者然とした北朝鮮と、その兄貴分として後ろ盾になってきた中国の関係。 「七三の兄弟分」「四分六の兄弟分」と任侠映画に例えるなら、 どの程度の関係なのだろう …

2017.01.01付け「編集手帳」要約

目尻の1年になるといい

小欄は指の先で表情をこしらえる絵師に似た家業である。 心躍る出来事の目尻には微小のシワを畳み、 悲しい事件のおでこには憂いの八の字を刻み、 読者の胸の奥に並べていただく。 目尻の1年になるといい。 2 …

2017.11.03付け「編集手帳」要約

予測キーワードが異常な地名

2017年11月3日付け「編集手帳」要約 インターネットの検索サイトに文字を入力すると、予測ワードが現れる。 今の時節紅葉が始まり、この3連休に地名を入力して名所を探す方もおられるのでは。 ここ数日、 …

2018.03.06付け「編集手帳」要約

均等に分けることが美徳と言えない

2018年3月6日付け「編集手帳」要約 均等に分け合うことを良しとする美徳がわれわれの心に染みついている。 そう思う習慣のせいで、いつも談合事件の報を聞くと戸惑う。 だが、子細が判明するにつれ迷わなく …

2017.05.10付け「編集手帳」要約

亀の霊力で火を止めて欲しい

2017年5月10日付け「編集手帳」要約 「龝」の字は、歌舞伎などでは「千穐楽」と、「火」を嫌い、めでたい「亀」のある穐を用いる。 東北地方で山林火災が相次いている。 避難した住民の方はおそらく、不安 …