編集手帳

「願わくは」と呼びかけたい

投稿日:2017年3月26日 更新日:

2017年3月26日付け「編集手帳」要約

3年後に五輪を控える1961年の通常国会で、酩酊防止法が成立した。
この年の花の季節に、
〈花見客が、年々、繰り返す乱暴ろうぜきざたは、願わくはことしかぎりにしたい〉
という社説が載った。
五輪を前に今度はタバコに焦点があたるが、酒の用心もするに越したことはない。
前回と同じく、あと3年の花の季節に「願わくは」と呼びかけたい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.01付け「編集手帳」要約

心おきなく野球をしたかっただろう

17歳の時、ベーブルースのいる大リーグ選抜をなで斬りにし、 巨人で活躍し、27歳で戦死した沢村栄治。 きょうは沢村の生誕100年の日にあたる。 また、プロ野球春季キャンプが始まる日でもある。 心おきな …

2017.05.19付け「編集手帳」要約

五月蠅のようなニュース

2017年5月19日付け「編集手帳」要約 〈蠅は叩かれたくなければ蠅叩きの上にとまるのが安全である〉。 殺虫剤を塗布した無敵の蠅叩きがついに登場した。 米国の司法省が「特別検査官」を設置し、「ロシアゲ …

2018.02.12付け「編集手帳」要約

どんな思いで五輪を見つめている

2018年2月12日付け「編集手帳」要約 オーストラリアから日本陸軍の調査に来たテオドール・フォン・レルヒ少佐。 陸軍はレルヒがスキーの名人だと知り指導を依頼した。 新潟県高田の師団に赴いたレルヒは軍 …

2017.03.23付け「編集手帳」要約

子供は誰もが詩人の心を備えている

2017年3月23日付け「編集手帳」要約 作家・中勘助は幼い頃、「を」が女性の座った形に見え好きだった。 その繊細な感性は“栴檀は双葉より芳し”だろう。 子供は誰もが香り高い詩人の心を備えているのかも …

2017.10.18付け「編集手帳」要約

切符は何枚になったでしょう

2017年10月18日付け「編集手帳」要約 すべての国立大学が2020年度から、共通テストに英検などの民間試験を併用することを決めた。 〈話す力〉をより重視する。 読み書きはできても会話にまごつく旧世 …