編集手帳

本日天気晴朗ナラズシテ浪高シ

投稿日:2017年3月22日 更新日:

2017年3月22日付け「編集手帳」要約

日露戦争の日本海海戦を勝利に導いた作戦参謀・秋山真之。
大局を知れば十分と、戦闘中に双眼鏡をのぞかなかった。
石原慎太郎氏もこの流儀か。
百条委員会で「記憶にない」「担当者に一任した」とこれまでの説明を繰り返した。
誰が責任を負っていたか、さっぱり分からない。
双眼鏡をのぞかなかったことが器量の証でないことは明らかだ。
〈本日天気晴朗ナラズシテモ浪高シ〉
移転の行方に気をもむ市場関係者の心模様にちがいない。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.07付け「編集手帳」要約

じいも行く

2018年8月7日付け「編集手帳」要約 「油虫」という名が「ゴキブリ」に変わったのは、明治以降とされている。 その虫を、思い出すだけで卒倒しそうになる。 最近、「じいがいる、じいかいる!」と騒ぐところ …

2017.04.11付け「編集手帳」要約

48年後

2017年4月11日付け「編集手帳」要約 科学の進歩は想像を超えている、だから48年後をあまり暗い顔で見つめることはすまい。 48年後、日本の人口は8808万人減少し、約4割が高齢者が占めるという。 …

2017.06.25付け「編集手帳」要約

薩摩隼人が持ち込んだハヤトウリ

2017年6月25日付け「編集手帳」要約 薩摩隼人にちなんだ名前の野菜ハヤトウリ。 100年前、米大陸から籠島の人が持ち込んで栽培を試みたのが始まりだ。 原産地の中米では、生活に欠かせない農産物だが、 …

2017.03.06付け「編集手帳」要約

壁が早く取り払われることを願う

2017年3月6日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領は、施政方針演説で米国が世界に関与することが必要だと述べた。 孤立主義からの転換なら歓迎できるが、いまだに様々な「壁」の存在を伝えるニュースが続く …

2018.05.12付け「編集手帳」要約

街々の支店はどう変わるのだろう

2018年5月12日付け「編集手帳」要約 昔、銀行員の犯す桁違いのミスを発見する方法に「9で割れ」という方法があった。 今ではコンピューターの活用ですっかり昔話になったに違いない。 さらにAIも絡み、 …