編集手帳

墓をめぐる世相が変わってきた

投稿日:2017年3月20日 更新日:

2017年3月20日付け「編集手帳」要約

墓をめぐる世相が急速に変わっている。
大規模な納骨堂が次々と建てられ、散骨も流行している。
「◯◯家の墓」に入るのが当たり前、と言う時代は過ぎ去ろうとしているのだろう。
今日は春分、お彼岸の中日。
世を去った身近な人々を思い出すのにふさわしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.07付け「編集手帳」要約

薫風はあすも吹く

2017年5月7日付け「編集手帳」要約 日曜の終わりが近づくと、あくる日のことを考えて憂鬱になる。 大型連休の最終日と重なる本日の日曜日は一層強まることだろう。 だが、五月は鰹がうまい。 ビアガーデン …

2018.06.14付け「編集手帳」要約

小説を超える迫力ある教訓に

2018年6月14日付け「編集手帳」要約 約700人もの犠牲者を出した阪神大水害から今夏で80年となる。 関係自治体などが改めて当時の証言を集める活動を始めた。 その様子は、谷崎潤一郎の『細雪』にある …

2017.05.26付け「編集手帳』要約

旅へと誘われたその人たちの歌声

2017年5月26日付け「編集手帳」要約 永六輔さんが京都を訪れ、タクシーが三千院の前を通ったとき。 「くだらない唄のせいで混雑して困ったものです」と、言った。 その『女ひとり』を歌った、デューク・エ …

2018.08.14付け「編集手帳」要約

日付の刻みが虚無をさそう

2018年8月14日付け「編集手帳」要約 防空壕は国の指導のもと隣組で掘ったという。 だが、全く役に立たず、大勢の方が粗末な防御法を信じて命を失った。 秋田では終戦間際の8月14日夜から15日未明にか …

2018.07.02付け「編集手帳」要約

平穏な夏であれ

2018年7月2日付け「編集手帳」要約 早々に梅雨明けした東京あたりでは、盛夏のような天気が続く。 今日は七十二候の「半夏生」。 この頃に降る「半夏雨」は、大雨になることが多いとされる。 意表をつく気 …