編集手帳

墓をめぐる世相が変わってきた

投稿日:2017年3月20日 更新日:

2017年3月20日付け「編集手帳」要約

墓をめぐる世相が急速に変わっている。
大規模な納骨堂が次々と建てられ、散骨も流行している。
「◯◯家の墓」に入るのが当たり前、と言う時代は過ぎ去ろうとしているのだろう。
今日は春分、お彼岸の中日。
世を去った身近な人々を思い出すのにふさわしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.13付け「編集手帳」要約

今夜は筆が進まない

2017年4月13日付け「編集手帳」要約 ひとつの歌にも数奇な運命がある。 ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。 だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。 NHKには視聴者 …

2017.03.11付け「編集手帳」要約

大切な忘れ物をしてこなかったか

2017年3月11日付け「編集手帳」要約 東日本大震災が起きてまもない頃、 友人が絵に書いたような寸借詐欺にあった。 「…むしょうに困っている誰かの役に立ちたい。そういう心境だったんだな」という。 テ …

2017.11.30付「編集手帳」要約

どうかしている

2017年11月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮の弾道ミサイルが青森県沖の日本海に落下したという。 日本海には最近、北の漁師が出漁している。 「自国の漁師がいる海にどうしてミサイルを飛ばすのか」 核 …

2017.11.21付け「編集手帳」要約

冬の装飾に欠かせない凩

2017年11月21日付け「編集手帳」要約 【木枯らし】は【凩】とも書く。 【凩】と書けば、木に北風がヒュルルーンと通り過ぎていくさまに見えて、ふしぎな心持ちになる。 凩が吹く初冬は、強い寒気が列島を …

2018.07.07付け「編集手帳」要約

どんな思いで見上げればいいのだろう

2018年7月7日付け「編集手帳」要約 坂本弁護士の遺体が発見された連絡は、警察無線をいくつか経由して、東京に届いたという。 外に出て、どんな悲しい電波なんだろうと夜空を見上げたのを覚えている。 教祖 …