編集手帳

ピカッと光るものがある

投稿日:2017年3月15日 更新日:

2017年3月15日付け「編集手帳」要約

関西弁には、笑いを誘い、人の心を弾ませる魅力がある。
万博の大阪誘致をめぐり、経産省が関西弁の報告書を作成した。
世耕経産相が陳謝して撤回を指示した。
“スベった”わけだが、四角四面のお役所言葉を柔らかく翻訳しようとした志は褒められてもいい。
故・八代目文楽の弟子の真打ち披露で語った口上の一節を贈る。
「この者は至って芸道未熟ではありますが、なにか奥にピカッと光るものがありまして…」

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.12.14付け「編集手帳」要約

上の空を眺めて上の空になる

2018年12月14日付け「編集手帳」要約 3大流星群の一つ「ふたご座流星群」が昨晩、今晩とあらわれる。 きのうの夜あたり、さっそく願い事を唱えた方もおられるだろう。 何かとざわざわする師走。 ぼんや …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2017.05.22付け「編集手帳」要約

遠い地の戦没者を忘れてはならない

2017年5月22日付け「編集手帳」要約 第一次世界大戦で、日本は同盟国英国の要請を受け、地中海に特務艦隊を派遣した。 「地中海の守り神」と称えられた駆逐艦「榊」は、魚雷攻撃を受け71人が戦死した。 …

2018.09.02付け「編集手帳」要約

買い物の楽しみの本質をみる

2018年9月2日付け「編集手帳」要約 大阪人=金にシビアという悪印象がある。 いま、新世界で風変わりなマーケットが大にぎわいを見せている。 すべての商品に値札がなく、店と客が会話して値段を決めるのだ …

2018.06.02付け「編集手帳」要約

東京の油井は観光資源を掘る

2018年6月2日付け「編集手帳」要約 2年後に迫る東京五輪のマラソンコースが決定した。 北は浅草、南は増上寺付近で折り返す。 それぞれ東京スカイツリー、東京タワーのふもとにあたる。 二つの巨塔が世界 …