編集手帳

司法は世論を重んじてはいけない

投稿日:2017年3月14日 更新日:

2017年3月14日付け「編集手帳」要約

韓国の憲法裁判所が宣告した朴槿恵大統領の罷免。
法理より世論を重んじたとみる専門家が少なくない。
司法の独立とは、政治権力からの独立であると同時に、
大衆圧力からの独立でもある。
移ろいやすい国民感情に司法がおもねるようなら、この先も混迷がつづく。
ほくそ笑むのは北朝鮮だけだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.30付け「編集手帳」要約

感謝される日もいずれは来る

2017年7月30日付け「編集手帳」要約 暑さにあえぐ旅人がプラタナスの木陰で身を休める事が出来たのに、散々なこと言って木が怒るというイソップの寓話がある。 そのプラタナスが剪定や落ち葉の処理に手間が …

2017.07.14付け「編集手帳」要約

小さな幸せを知らずに逝った人

2017年7月14日付け「編集手帳」要約 歳時記と古典落語にひっそりと残る「藪入り」 明後日がその日にあたる。 今年に限って思い出されるのは、働き方を考えさせられるニュースのせいかも知れない。 電通の …

2018.03.16付け「編集手帳」要約

100年ぶりの新種クマノザクラ

2018年3月16日付け「編集手帳」要約 紀伊半島南部に自生しているサクラが新種とわかった。 サクラの新種発見は100年ぶりで、「クマノザクラ」と命名された。 熊野の人々の間では、同じ野生種のヤマザク …

2018.02.19付け「編集手帳」要約

雪や氷の苦労は減らしたい

2018年2月19日付け「編集手帳」要約 かつて、積雪地では馬そりが活躍した。 今は、除雪車が整備され雪が降っても自動車でどこへでも行ける。 だが、除雪車を運転するには熟練が必要であり、出勤は深夜や早 …

2018.03.19付け「編集手帳」要約

北の動きを凝視していきたい

2018年3月19日付け「編集手帳」要約 「ことばは実体とくっついている。実体がある場合は一緒に見せてほしい」(谷川俊太郎)。 北朝鮮の「非核化の意思」はどうだろう。 はたして実体が伴うのか。 米朝首 …