編集手帳

大切な忘れ物をしてこなかったか

投稿日:2017年3月11日 更新日:

2017年3月11日付け「編集手帳」要約

東日本大震災が起きてまもない頃、
友人が絵に書いたような寸借詐欺にあった。
「…むしょうに困っている誰かの役に立ちたい。そういう心境だったんだな」という。
テレビに移る被災地の惨状に胸をふさがれ、“やり場のない善意”に身もだえした人は多かったはずである。
心ない避難者いじめのニュースがつづく。
6年という時間のどこかに、人は大切な忘れ物をしてこなかったか。
胸に聞いてみる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.12.03付け「編集手帳」要約

国民感情ばかり気にしている

2018年12月3日付け「編集手帳」要約 元徴用工への倍賞を命じる判決が出たり、慰安婦問題をめぐる行為を蔑ろにしたり、 日韓関係を毀損する出来事が相次ぐ。 歴史問題をいつまで蒸し返すのか。 岸信介元首 …

2018.09.27付け「編集手帳」要約

粗々にならないように

2018年9月27日付け「編集手帳」要約 〈略〉は「ほぼ」とも読む。 現代は若者を中心に「ほぼほぼ」というほぼの強調系が多用されているという。 職場でも「きょうの仕事はほぼほぼ終わりました」などと使わ …

2017.08.30付け「編集手帳」要約

独裁者と通じる側に問う

2017年8月30日付け「編集手帳」要約 北朝鮮がきのう北海道上空への弾道ミサイル発射という愚挙に出た。 緊急警報が流れ、震える思い出過ごした方もおられよう。 核実験の準備も整えたという。 国際社会の …

2018.10.30付け「編集手帳」要約

このバカチンが

2018年10月30日付け「編集手帳」要約 「このバカチンが」 今の時代、よそ様に使うのはもってのほかとは分かってもつぶやいてしまった。 ハローウィン前の週末、渋谷で仮想した若者たちが暴れ、軽トラック …

2018.06.25付け「編集手帳」要約

宇宙から何を持ち帰るか

2018年6月25日付け「編集手帳」要約 打ち上げから3年半、はやぶさ2号が、3億キロ離れた小惑星リュウグウに迫っている。 近づいたことで、リュウグウの形はそろばん玉のようであることもわかった。 秋に …