編集手帳

大切な忘れ物をしてこなかったか

投稿日:2017年3月11日 更新日:

2017年3月11日付け「編集手帳」要約

東日本大震災が起きてまもない頃、
友人が絵に書いたような寸借詐欺にあった。
「…むしょうに困っている誰かの役に立ちたい。そういう心境だったんだな」という。
テレビに移る被災地の惨状に胸をふさがれ、“やり場のない善意”に身もだえした人は多かったはずである。
心ない避難者いじめのニュースがつづく。
6年という時間のどこかに、人は大切な忘れ物をしてこなかったか。
胸に聞いてみる。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.05付け「編集手帳」要約

落ちが見えそうで見えない長い話

2017年12月5日付け「編集手帳」要約 上方落語『三年酒』に「おねおねの佐助さん」という珍しい特技を持つ人物が登場する。 現場が大阪のせいか、国会での政府答弁に佐助さんがだぶらないでもない。 国有地 …

2017.03.06付け「編集手帳」要約

壁が早く取り払われることを願う

2017年3月6日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領は、施政方針演説で米国が世界に関与することが必要だと述べた。 孤立主義からの転換なら歓迎できるが、いまだに様々な「壁」の存在を伝えるニュースが続く …

2017.06.29付け「編集手帳」要約

罪な会社

2017年6月29日付け「編集手帳」要約 一体何時の時代の出来事だろう。 奄美空港で、「バニラエア」に乗ろうとした車いすの男性はタラップを腕の力だけでのぼったという。 車いすごと担いだり、抱きかかえて …

2018.05.09付け「編集手帳」要約

子供達の幸せを思い描き続けた人

2018年5月9日付け「編集手帳」要約 絵本作家・加古里子さんは作家になる前に子供会に参加をして、 「ワクワクして、生きるためにプラスになる何かがなければ彼らは見ようとしない」ことを子供たちに教えられ …

2017.07.24付け「編集手帳」要約

水中遺跡の保護の理解を

2017年7月24日付け「編集手帳」要約 日本には、387の水中遺跡が確認されている。 しかし、諸外国と比べ、保護体制の遅れも指摘されている。 文化庁の有識者会議は、水中遺跡保護のあり方についての提言 …