編集手帳

果し状の相手が違っている

投稿日:2017年3月4日 更新日:

2017年3月4日付け「編集手帳」要約

「果し合いに出かける昔の侍」に自身をなぞらえた。
“三十六人斬り”で知られる剣豪荒木又右衛門の雄姿を想像したが、まぼろしに終った。
みんなで決めたことで、「私だけの責任じゃない」。
石原慎太郎元東京都知事の記者会見である。
名誉をかけて斬り結ぶ相手は都政の暗部で、小池百合子知事ではなかったはず。
果し状の宛名が違っている。
真っ向勝負で鳴らした政治家だったが、同じ数字でも“三十六計…”の浮かんでくるところがさみしい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.26付け「編集手帳」要約

パカッと開けてみたくなる

2018年8月26日付け「編集手帳」要約 近年人気上昇中のサバ缶は、最近のブームで品薄だという。 生産量で長年君臨した缶詰の王者、ツナ缶を抜き去った。 大手メーカーは、原料の高騰を理由に9月の出荷から …

2018.06.01付け「編集手帳」要約

笑顔で懺悔の6月をもう一度

2018年6月1日付け「編集手帳」要約 8年前のW杯の岡田監督率いる日本代表は期待値が低かった。 ところが本番に入るとまさかの躍進。 その年の流行語の一つは「岡ちゃん、ごめんね」だった。 W杯ロシア大 …

2017.01.24付け「編集手帳」要約

サクラサク

〈受験子の旅立つ朝を常の如〉 我が家には受験生はいないのだが、この半月ほど一句の親心に似た気持ちで過ごしてきた。 大相撲の初場所で、大関稀勢の里(30)が初の賜杯を手にした。 浪人中の息子に合格通知が …

2017.08.11付け「編集手帳」要約

ささやかな幸せを…、と星に祈る

2017年8月11日付け「編集手帳」要約 あす12日は、『見上げてごらん夜の星を』を歌った坂本九さんの命日である。 その深夜から「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。 見上げてみたい星であるが、見上 …

2018.02.03付け「編集手帳」要約

汚名挽回になっていないか

2018年2月3日付け「編集手帳」要約 「汚名挽回」、世間に広がった誤用の典型例だ。 汚名を引き戻すことになってはおかしい、何も回復しない。 角界が依然、落ち着かない。 貴乃花親方のやることなすこと「 …