編集手帳

時間ばかりが過ぎていく

投稿日:2017年2月26日 更新日:

2017年2月26日付け「編集手帳」要約

略語の用法に新しい意味が加わって、時代の激変を痛感することがある。
「仮設」
仮設住宅の事だったが、最近は東京五輪の仮設施設をさす場合も多い。
五輪開催が決まってから、準備期間の中間地点。
「時間ばかりが過ぎていく」
震災復興を巡り、幾度も耳にしてきた嘆きである。
五輪に巡る嘆きへと用法が広がるのを止められるだろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.09.20付け「編集手帳」要約

ピーキング

2017年9月20日付け「編集手帳」要約 スポーツの世界にビーキングという言葉がある。 安倍首相が衆院解散の意向を固めたという報に、この言葉が浮かんだ。 決戦前に一度、調子の底を迎えておくという調整方 …

2017.10.23付け「編集手帳」要約

「感」が「惑」に変った

2017年10月23日付け「編集手帳」要約 「感」の中に「惑」に似た部分がある。 小池新党の「好感」の「感」の中にも、それはあった。 民進党との合流時、政策の一致しない候補について「排除します」と語っ …

2017.11.12付け「編集手帳」要約

鉄腕の訴えが、心に響く

2017年11月12日付け「編集手帳」要約 あすは西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久さんの命日。 ロッテの監督時代に、けがを過度に恐れて萎縮してほしくない、との思いがあり、 投手の「1試合100球」 …

2017.08.03付け「編集手帳」要約

名前はなかったが、以って瞑すべし

2017年8月3日付け「編集手帳」要約 夏目家の猫も名前がなかった。 といっても、冷遇されていたわけではなかったようだ。 死の床にある猫をじっと見つめていた様子が、『猫の墓』と題する一編に書かれている …

2017.09.27付け「編集手帳」要約

対立は過激派勢力を利するだけだ

2017年9月27日付け「編集手帳」要約 イスラム世界の英雄サラディンの「末裔」クルド人が、独立の賛否を問う住民投票に踏み切った。 過去に迫害を受け、国を求める願いは切実だろうが、イラクや周辺国との間 …