編集手帳

時間ばかりが過ぎていく

投稿日:2017年2月26日 更新日:

2017年2月26日付け「編集手帳」要約

略語の用法に新しい意味が加わって、時代の激変を痛感することがある。
「仮設」
仮設住宅の事だったが、最近は東京五輪の仮設施設をさす場合も多い。
五輪開催が決まってから、準備期間の中間地点。
「時間ばかりが過ぎていく」
震災復興を巡り、幾度も耳にしてきた嘆きである。
五輪に巡る嘆きへと用法が広がるのを止められるだろうか。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.24付け「編集手帳」要約

永田町がさわがしい

2018年3月24日付け「編集手帳」要約 わが国で信用を損なう統計データが国会を惑わせた。 異常値が相次ぎ指摘された裁量労働制をめぐる調査である。 きのう加藤厚生労働相が撤回することを明らかにした。 …

2017.02.09付け「編集手帳」要約

一瞬の隠れ家と別れの頃合い

音楽の才能に恵まれた人は、電線が五線紙に見えるそうだ。 恵まれぬ身には、あやとりの収拾がつかなくなった毛糸を思い出すぐらいだ。 先日、無電柱か推進法が施行された。 景観や、災害時の電柱の倒壊による救出 …

2017.10.04付け「編集手帳」要約

体内時計を狂わせぬよう

2017年10月4日付け「編集手帳」要約 森鷗外は寝る間も惜しんで文学に励み、「人間は2時間寝ればたくさんだ」と語っていた。 しかし、「体内時計」に逆らう不規則な生活は様々な病気を招き寄せるらしい。 …

2018.12.09付け「編集手帳」要約

未来を照らす光になればいい

2018年12月9日付け「編集手帳」要約 富裕層、と呼ばれる訪日客向けの特別なサービスに知恵を絞る自治体が増えている。 春日大社の夜間貸し切り、刀鍛冶による唯一無二の日本刀作り。 大胆なメニューとその …

2017.12.25付け「編集手帳」要約

来年は第九の日本初演から100年

2017年12月25日付け「編集手帳」要約 師走の風物詩として定着した「歓喜の歌」。 1918年6月1日、坂東俘虜収容所でドイツ兵らにより日本初演が行なわれた。 この年の11月に第一次大戦終結、12月 …