編集手帳

ゲームの音色はどう変わる

投稿日:2017年2月25日 更新日:

2017年2月25日付け「編集手帳」要約

巨人の江川はライバル、阪神の掛布に対して無茶苦茶速いボールで敬遠した。
阪急のダリル・スペンサーは敬遠攻めに怒り、バットを上下逆さまに持って打席に立った。
敬遠一つにも人間くさいドラマがある。
大リーグでは今季からルール変更により意思表示だけで敬遠が成立するという。
笛や太鼓、鐘といった楽器が美しい音で奏でるのは、空洞の部分があってこそだ。
一見無用な空洞に移る敬遠の時間が消えて、ゲームの音色はどう変わるのだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.06.11付け「編集手帳」要約

時代の流れに抗う奇怪な鼻

2017年6月11日付け「編集手帳」要約 顔の主要部分の目鼻口で、鼻だけが加齢に伴う変化があまりないらしい。 なるほど、髪は白くなったが、鼻の形は同じに見えなくもない。 「渋谷暴動」に関与したとして逮 …

2018.01.18付け「編集手帳」要約

ふるさとから受けた恩恵

2018年1月18日付け「編集手帳」要約 芥川賞を射止めた若竹千佐子さん(63)は、郷里の「方言」から恩恵を受けた。 作家を目指して何年も苦闘を重ねたが、かつてなじんだ方言に着目したとたん、筆がどんど …

2017.09.23付け「編集手帳」要約

企業トップの覚悟を問う

2017年9月23日付け「編集手帳」要約 不祥事の泥沼に落ちた企業のトップがいかに経営責任を果たすべきか。 現実から目を背けず責任の所在を明らかにし、根本から改める。 心底からやり切る覚悟が経営者にな …

2018.01.28付け「編集手帳」要約

“希望の党”、批判を受けても堂々と進め

2018年1月28日付け「編集手帳」要約 吉田松陰は、ひたすら自己の身の修養に努めて、あとはすべて天命に任せよと説いた。 この「天地に恥じぬ」との姿勢は、政治の世界に通じよう。 それに比べて、腰が据わ …

2017.01.28付け「編集手帳」要約

「ごめん」のひと言

「ごめん」のひと言。 自分に非があると感じているときは、かえって意固地になって言葉が出てこない。 詫びて前言を取り消せば済むものを、「ごめん」の言えない人が世界を揺るがせている。 「壁のことつひに詫び …