編集手帳

ゲームの音色はどう変わる

投稿日:2017年2月25日 更新日:

2017年2月25日付け「編集手帳」要約

巨人の江川はライバル、阪神の掛布に対して無茶苦茶速いボールで敬遠した。
阪急のダリル・スペンサーは敬遠攻めに怒り、バットを上下逆さまに持って打席に立った。
敬遠一つにも人間くさいドラマがある。
大リーグでは今季からルール変更により意思表示だけで敬遠が成立するという。
笛や太鼓、鐘といった楽器が美しい音で奏でるのは、空洞の部分があってこそだ。
一見無用な空洞に移る敬遠の時間が消えて、ゲームの音色はどう変わるのだろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.07付け「編集手帳」要約

じいも行く

2018年8月7日付け「編集手帳」要約 「油虫」という名が「ゴキブリ」に変わったのは、明治以降とされている。 その虫を、思い出すだけで卒倒しそうになる。 最近、「じいがいる、じいかいる!」と騒ぐところ …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2018.04.10付け「編集手帳」要約

メッキの下にあるものは?

2018年4月10日付け「編集手帳」要約 太鼓持ちは「バカのメッキをした利口者でないとなれない職業なんです」。 財務省理財局は、その職業では見事に落第だろう。 森友学園問題で、新たに口裏合わせが発覚し …

2018.03.05付け「編集手帳」要約

円盤はロマンを求める人の心の中にある

2018年3月5日付け「編集手帳」要約 空飛ぶ円盤は宇宙人の乗り物という呪縛は今も根強くあるうようだ。 だが、日本政府も米国も異星人が来た証拠は得られなかったと公式に言っている。 三島由紀夫は一時期、 …

2017.10.24付け「編集手帳」要約

新政権の大事な課題

2017年10月24日付け「編集手帳」要約 江戸時代の長州藩は〈へそくり〉を貯めていた。 撫育方と呼ぶ基金は、戦乱などの非常時に備えるため、藩が窮乏しても流用は許さなかった。 毛利家の藩主たちは批判に …