編集手帳

これ薄いなァ

投稿日:2017年2月24日 更新日:

2017年2月24日付け「編集手帳」要約

上方落語の『つる』、出された羊羹に喜六がケチをつけた。
「これ薄いなァ。…包丁で切った?嘘つけ、鉋で削ったんやろ」
名前が「プレミアム」とやけに立派なせいか、「これ薄いなァ」の感想が浮かばぬでもない。
「プレミアムフライデー」がきょうから始まる。
電通の新入社員の高橋まつりさんが胸をよぎる。
鉋屑のような羊羹一枚さえ、かなわなかった人である。
亡き人には夢のまた夢であったろう時間を思い、喜六流の物言いは控えておく。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.13付け「編集手帳」要約

平凡は妙手にまさる

2017年3月13日付け「編集手帳」要約 大山康晴15世名人は住民票を終生、倉敷に残した。 郷里に住民税を納めたかったからという。 ふるさと納税は、その気持ちを制度にしたものだろう。 だが、返礼品が人 …

2018.02.21付け「編集手帳」要約

何かをして罪を感じない心とは?

2018年2月21日付け「編集手帳」要約 ジミー・カーター元大統領は敬虔なキリスト教として知られる。 「私も多くの女性を情欲の目でながめたことがある。このことを神は知っておられ、私をお許しになっている …

2017.08.10付け「編集手帳」要約

記憶を呼び覚ます匂いが待っている

2017年8月10日付け「編集手帳」要約 匂いは記憶の喚起装置ともいわれる。 ふるさとでお盆休みを過ごす人の、旅立つ季節である。 夕暮れの縁側に漂う蚊取り線香の煙。 夕暮れに濡れた土。 線香花火の火薬 …

2017.09.24付け「編集手帳」要約

日本が演じるべき役割

2017年9月24日付け「編集手帳」要約 内戦下のシリアの難民を留学生として受け入れる、政府の事業が始まった。 19人が国内の11の大学院で工学や経営学などを学ぶ。 日本は、国際的に難民の認定や受け入 …

2018.01.08付け「編集手帳」要約

荒波にさらされてわかるもの

2018年1月8日付け「編集手帳」要約 アモス・オズさんが人間の二面性を表現した言葉がある。 〈だれもが半島だ。半分は大陸にくっついて、もう半分は大海に突き出ている〉 家族、友人、文化が大陸を形作る。 …