編集手帳

銀幕に奇跡を求めた人

投稿日:2017年2月23日 更新日:

2017年2月23日付け「編集手帳」要約

40代で日活を解雇され、50代のときに映画賞を総なめにし、
60代で職安に失業保険をもらう手続きをした。
薄情な浮き沈みの境涯に愚痴の一つも出そうなものだが、
「好物の煮豆を食べ、酒を飲み、拾う神を待つだけだね」
と語っていた鈴木清順さんが93歳で亡くなった。
その人生論には努力や精進を説いたくだりがない。
〈不得意なものから奇跡は生まれぬ〉
不遇結構、無理解もよし。
天から授かった審美眼だけを得手と信じ、銀幕に“奇跡”を追い求めた人の矜持だろう。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.06付け「編集手帳」要約

大輪をめでつつ、恐怖の経験に思いを致す

2017年8月6日付け「編集手帳」要約 花火は時として空襲や原爆を思い出す。 季節の風物詩も、経験によっては忌まわしい記憶と結びつく。 〈あの閃光が忘れえようか〉(峠三吉「八月六日」) その日がまため …

2018.03.29付け「編集手帳」要約

こちらは答えが多いほうがよろしい

2018年3月29日付け「編集手帳」要約 入試シーズンが一段落した。 最近まで“風物詩”のように各地の高校、大学の出題ミスが報じられた。 だが大阪大学、京都大学の件は昨年のの試験で、風物詩でなかった。 …

2018.02.23付け「編集手帳」要約

ぴたり呼吸を合わせた笑顔が並んだ

2018年2月23日付け「編集手帳」要約 映画『男はつらいよ』の寅さんに 「お前と俺は別の人間なんだぞ。早い話が、オレがイモを食って、お前がプッと屁をするか?」 というセリフがある。 ようするに、別々 …

2017.09.24付け「編集手帳」要約

日本が演じるべき役割

2017年9月24日付け「編集手帳」要約 内戦下のシリアの難民を留学生として受け入れる、政府の事業が始まった。 19人が国内の11の大学院で工学や経営学などを学ぶ。 日本は、国際的に難民の認定や受け入 …

2017.04.20付け「編集手帳」要約

デパート勢に奮起のエールを送る

2017年4月20日付け「編集手帳」要約 松坂屋銀座店の跡地に「GINZA SIX」がきょう開業する。 銀座の主役がデパートからテナントに移りつつあるらしい。 銀座の風景は、どう変わっていくのだろう。 …