編集手帳

好奇心を内蔵した魔の写真機

投稿日:2017年2月22日 更新日:

2017年2月22日付け「編集手帳」要約

「魔の写真機」(マノシャシンキ)。
言葉遊びで定評がある和田誠さんのエッセーに教わった。
篠山紀信さんの『篠山紀信展 写真力』の累計入場者が80万人を超えたという。
会場を巡っていると、日記帳をめくっているような感覚を味わった。
その時代その時代の表情が写真のなかに息づいていればこそで、
入場者が絶えぬ理由でもあろう。
篠山さん自身も言葉遊びが好きで、「篠山コーキシン、なんつってね」とダジャレに託して抱負を語っていた。
好奇心を内蔵した“魔の写真機”である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.03.27付け「編集手帳」要約

透けて見える手札

2017年3月27日付け「編集手帳」要約 柳広司さんの『ジョーカー・ゲーム』は普通のポーカーではない。 見物人を引き入れ敵の手札をサインで知らせてもらい、裏の裏まで読み合う。 〈情報が筒抜けなら、ゲー …

2018.09.24付け「編集手帳」要約

懲りないウォール街

2018年9月24日付け「編集手帳」要約 ちょうど10年前に起きたリーマン・ショック。 危機の発端は、低所得者向けの住宅ローンに関連した米国の金融商品。 金儲け優先で、中身も分からずに取引した結果だっ …

2018.08.26付け「編集手帳」要約

パカッと開けてみたくなる

2018年8月26日付け「編集手帳」要約 近年人気上昇中のサバ缶は、最近のブームで品薄だという。 生産量で長年君臨した缶詰の王者、ツナ缶を抜き去った。 大手メーカーは、原料の高騰を理由に9月の出荷から …

2017.01.12付け「編集手帳」要約

プロ野球の恩人のひとり

晩年のビクトル・スタルヒンから本塁打を打った故・豊田泰光さんが叱られた。 豪速球で満天下を魅了したスタルヒンが、対戦相手でさえ敬意を払わずに入られない功労者であったことが分かる。 日本のプロ野球界を今 …

2017.12.18付け「編集手帳」要約

実直さを忘れるな

2017年12月18日付け「編集手帳」要約 今年も企業の不祥事が相次いだ。 多くは現場を率いる社員が不正を見過ごしてきたことが原因だった。 「良い上司」とは何か、考えさせられる一年だった。 経営陣は「 …