編集手帳

好奇心を内蔵した魔の写真機

投稿日:2017年2月22日 更新日:

2017年2月22日付け「編集手帳」要約

「魔の写真機」(マノシャシンキ)。
言葉遊びで定評がある和田誠さんのエッセーに教わった。
篠山紀信さんの『篠山紀信展 写真力』の累計入場者が80万人を超えたという。
会場を巡っていると、日記帳をめくっているような感覚を味わった。
その時代その時代の表情が写真のなかに息づいていればこそで、
入場者が絶えぬ理由でもあろう。
篠山さん自身も言葉遊びが好きで、「篠山コーキシン、なんつってね」とダジャレに託して抱負を語っていた。
好奇心を内蔵した“魔の写真機”である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.15付け「編集手帳」要約

口よ、脅しに屈するなかれ

2017年7月15日付け「編集手帳」要約 漢字を見て、成り立ちにあれこれと想像をめぐらすときがある。 〈口金〉目に留まった。 口をつぐむ動作を意味する字だという。 中国の民主化運動の象徴だった、劉暁波 …

2017.04.18付け「編集手帳」要約

天の計らいはときに薄情すぎる

2017年4月18日付け「編集手帳」要約 踏切内で、立ち止まった高齢の男性を救助しようとして、 銀行員の児玉征史さん(52)が電車にはねられて亡くなった。 勇気。 崇高。 無私。 浮かぶ言葉すべてをも …

2017.10.25付け「編集手帳」要約

チンピンとは俺のことかとジンピン言い

2017年10月25日付け「編集手帳」要約 〈ギョーテとは俺のことかとゲーテ言い〉 外国の発音を片仮名に置き換えるのは難しい。 ゲーテは当初29通りの表記が見られたという。 それに比べると習近平国家主 …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …

2017.03.31付け「編集手帳」要約

ときにはそういう夜もある

2017年3月31日付け「編集手帳」要約 今日で3月が終わる。 故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。 いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、 …