編集手帳

負の言葉に情緒が宿る

投稿日:2017年2月21日 更新日:

2017年2月21日付け「編集手帳」要約

名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。
そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。
“悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、ときには正よりも負に情緒が宿る。
福岡市・天神に「親不孝通り」の愛称が復活する。
負の言葉に心ひかれる小欄も、旧名の復活にうなづく一人である。
〈今にして知りて悲しむ父母がわれにしまししその片おもひ〉
親に永遠の片思いをさせて、人は誰もが例外なしの親不孝である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.10付け「編集手帳」要約

川村・東電丸には荒海が待っている

2017年7月10日付け「編集手帳」要約 リーマン・ショックで経営危機に陥った日立を再建した川村隆氏が先月、東京電力の会長に就任した。 原発事故対応の重責を担うのは、日立再建を引き受けた際の〈緊急時に …

2018.05.28付け「編集手帳」要約

歓喜が日本一円に広がるよう望む

2018年5月28日付け「編集手帳」要約 サッカー日本代表前監督ハリルホジッチ氏が協会を訴えた。 謝罪を求めた、賠償額は「1円」だという。 何より名誉回復を重んじるということなのだろう。 W杯の最終メ …

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」 飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。 開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。 とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。 必死で考え抜いたギャグだったのだろう。

向かうところ手品師

豊洲の地下水調査。 9回目の最終調査で、過去の結果を大幅に超える濃度の有害物質が検出された。 移転が決まってからの15年の歳月は一体何だったのだろう。 放送作家・高田文夫さんのダジャレに〈向かうところ …

2018.06.18付け「編集手帳」要約

青ような鮮やかなプレーを期待する

2018年6月18日付け「編集手帳」要約 ドイツ語で「青い目の」という形容詞は「世間知らず」を意味する。 日本語には「青二才」という名詞がある。 「青」は洋の東西を問わず「まだまだ」ということか。 連 …

2018.04.21付け「編集手帳」要約

ナイスな雑草氏

2018年4月21日付け「編集手帳」要約 雑草、日本では「生命力が強いことのたとえ」といった意味で使われる。 いま雑草のような人といえば、ボストン・マラソンで優勝した、埼玉県職員、川内優輝さんを思い浮 …