編集手帳

負の言葉に情緒が宿る

投稿日:2017年2月21日 更新日:

2017年2月21日付け「編集手帳」要約

名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。
そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。
“悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、ときには正よりも負に情緒が宿る。
福岡市・天神に「親不孝通り」の愛称が復活する。
負の言葉に心ひかれる小欄も、旧名の復活にうなづく一人である。
〈今にして知りて悲しむ父母がわれにしまししその片おもひ〉
親に永遠の片思いをさせて、人は誰もが例外なしの親不孝である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.02付け「編集手帳」要約

両者のにらみ合いから目が離せない

2018年4月2日付け「編集手帳」要約 かつて鄧小平は理屈より現実を重んじる「白猫黒猫論」を語った。 そのためか、中国は動物で言うとパンダに例えられる。 「米国第一」をとなえるトランプ米大統領にとって …

2017.06.27付け「編集手帳」要約

後手後手と打つヘボ碁打ち

2017年6月27日付け「編集手帳」要約 〈蝉鳴くや後手後手と打つヘボ碁打ち〉 終戦直前の戦術あって戦略を持たない軍部に対して徳川夢声の俳句である。 ヘボ碁打ちの伝説は、戦後も企業社会の隅に命脈を保っ …

2017.05.25付け「編集手帳」要約

土俵に帰ってくる日を待つ

2017年5月25日付け「編集手帳」要約 「稀勢の里、危ない!」 大相撲の夏場所、稀勢の里−千代の国戦。 俵に追いつめられた横綱にアナウンサーが叫んだ。 左肩の負傷、完治にほど遠い身で土俵を務める姿に …

2017.08.05付け「編集手帳」要約

“かたみ”が非常食に変わるまで

2017年8月5日付け「編集手帳」要約 〈短夜のもの見ればみなかたみ哉〉 この句が胸に響くのは、月遅れのお盆が近いせいだけではないかもしれない。 多くの人の命を奪った、九州北部の豪雨から今日で1ヶ月に …

2018.03.31付け「編集手帳」要約

背広を脱ぎ捨て現場をかけまわる

2018年3月31日付け「編集手帳」要約 今年の新書大賞は、実地調査研究のノンフィクション『バッタを倒しにアフリカへ』に贈られた。 著者は昆虫学者の前野ウルド浩太郎さん。 背広か白衣かを脱ぎ捨て、バッ …