編集手帳

負の言葉に情緒が宿る

投稿日:2017年2月21日 更新日:

2017年2月21日付け「編集手帳」要約

名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。
そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。
“悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、ときには正よりも負に情緒が宿る。
福岡市・天神に「親不孝通り」の愛称が復活する。
負の言葉に心ひかれる小欄も、旧名の復活にうなづく一人である。
〈今にして知りて悲しむ父母がわれにしまししその片おもひ〉
親に永遠の片思いをさせて、人は誰もが例外なしの親不孝である。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.22付け「編集手帳」要約

人々の心に届くメッセージとは

2018年3月22日付け「編集手帳」要約 イルカ漁を“告発”した映画「ザ・コーヴ」。 内容が反日的だと反発した団体が街宣活動を予告し、一部で上映中止となった。 しかし、作品に批判があるのなら、言論表現 …

2018.05.21付け「編集手帳」要約

官僚人事で細心の注意を求める

2018年5月21日付け「編集手帳」要約 政治主導で省庁人事を管理する内閣人事局が、間もなく発足4年目を迎える。 人事権を握られた官僚が必要以上に首相官邸の顔色をうかがっている、と批判されるようになっ …

2018.03.28付け「編集手帳」要約

「human rights」が「不満」に見える

2018年3月28日付け「編集手帳」要約 「森友文書」改ざん問題をめぐる衆参両院での証人喚問。 真相解明を図る議会の利益と証言を拒否できる個人の権利が油と水のように交わらなかった。 改ざんは「首相官邸 …

2017.03.30付け「編集手帳」要約

甘いカステラの語源

2017年3月30日付け「編集手帳」要約 カステラの語源は、「カスティーリャの焼き菓子」を意味するポルトガル語とされる。 隣国のスペインの地名を含んでいるのはなぜか? 岡美穂子・東京大学准教授の研究に …

2017.12.01付け「編集手帳」要約

名にふさわしく、幸あれ

2017年12月01日付け「編集手帳」要約 アメリカ先住民のある部族は、名前の中に天命が隠れていると子孫に言い伝えるそうである。 この子たちにはどんな天命が待つのだろう。 男の子に多いのが、悠真、悠人 …