編集手帳

虚をつかれぬよう備えろ

投稿日:2017年2月20日 更新日:

2017年2月20日付け「編集手帳」要約

トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。
「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、
虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、どのあたりから大見えなのか判然としない。
本音に最も近いと目されるツイッターの投稿。
安倍首相の訪米中の「つぶやき」はどれも好意的で日本政府は胸をなでおろした。
だが、新政権の陣容が整うこれからまだ難局があるだろう。
虚実の意味には「互いに計略や秘術をつくして戦うこと」がある。
虚をつかれぬようこちらも備えねばなるまい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.27付け「編集手帳」要約

日本にはすごい花がある

2018年3月27日付け「編集手帳」要約 昔の花見は、咲く時期や彩りの異なる様々な種類が同じ場所に植えられ、約1ヶ月間、のんびりと楽しんでいたという。 現在の花見の主流のソメイヨシノは、見頃が1週間程 …

2018.06.21付け「編集手帳」要約

次の短夜はいつだろう

2018年6月21日付け「編集手帳」要約 きょう北半球で一年のうち最も夜の短い夏至を迎えたから…そればかりではない。 サッカーW杯ロシア大会で日本代表の初戦勝利に列島が沸き返っている。 夜を短く感じる …

2018.03.18付け「編集手帳」要約

たまにはバスを待ってみようか

2018年3月18日付け「編集手帳」要約 バスという乗り物は、車内でお国言葉が行き交い、地方の人々の一日一日を支える人間くさい乗り物だ。 その実、現場には厳しい現実が横たわる。 乗客数はピーク時の4割 …

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2017.08.29付け「編集手帳」要約

しかるべきためらいがなかったか

2017年8月29日付け「編集手帳」要約 「臍の緒は妙薬」という短編がある。 作中、主人公の女性が幼少時に思い肺炎を患ったとき、母が臍の緒をのませてくれたに違いないと、思い込んだ。 臍の緒は胎児の命を …