編集手帳

虚をつかれぬよう備えろ

投稿日:2017年2月20日 更新日:

2017年2月20日付け「編集手帳」要約

トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。
「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、
虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、どのあたりから大見えなのか判然としない。
本音に最も近いと目されるツイッターの投稿。
安倍首相の訪米中の「つぶやき」はどれも好意的で日本政府は胸をなでおろした。
だが、新政権の陣容が整うこれからまだ難局があるだろう。
虚実の意味には「互いに計略や秘術をつくして戦うこと」がある。
虚をつかれぬようこちらも備えねばなるまい。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.01.09付け「編集手帳」要約

柔軟な発想があってもよい

2018年1月9日付け「編集手帳」要約 名古屋市は2022年度を目標に、新たに木造の名古屋城の天守閣を再建する方針だ。 最近、議論となっているのはエレベーター設置の是非だ。 正確な再現を目指す市に対し …

2017.08.07付け「編集手帳」要約

新たな荒波に注視が怠れぬ

2017年8月7日付け「編集手帳」要約 中国の最高指導者は泳ぎにまつわる武勇伝に事欠かない。 習近平国家主席は、恒例の「北載河会議」で公の場に姿を見せず、政治の海に「潜伏」している模様だ。 大国中国の …

2018.09.24付け「編集手帳」要約

懲りないウォール街

2018年9月24日付け「編集手帳」要約 ちょうど10年前に起きたリーマン・ショック。 危機の発端は、低所得者向けの住宅ローンに関連した米国の金融商品。 金儲け優先で、中身も分からずに取引した結果だっ …

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …

2018.06.13付け「編集手帳」要約

まだ分からない

きのう、米朝首脳会談が行なわれ、トランプ大統領、金正恩委員長の〈口〉がどう動くかに世界中が注目した。 〈和〉はなされたのか。 正恩氏が朝鮮半島の非核化を約束し、トランプ氏が北朝鮮の体制の保証を確約する …