編集手帳

新聞の役割

投稿日:2017年2月19日 更新日:

2017年2月19日付け「編集手帳」要約

漂白の俳人、種田山頭火は熱心に新聞を購読していたらしい。
〈今日そのものが来ないやうな気がする〉、新聞の来なかった朝の心境をそう書き留めている。
新聞のかたちは、一番大きなニュースが1面に載り、政治面、経済面、社会面といったページが定まった順で並ぶ。
新しい情報の盛られた新聞が、変わらぬ姿で日々届く。
〈どんなに激動しようと人間社会は明日も明後日も続くこと〉を、読者は保障されている。
明日が〈来ないやうな気〉にならないようにーー漂白の色を帯びる時代の新聞の役割りを思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.12付け「編集手帳」要約

鉄腕の訴えが、心に響く

2017年11月12日付け「編集手帳」要約 あすは西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久さんの命日。 ロッテの監督時代に、けがを過度に恐れて萎縮してほしくない、との思いがあり、 投手の「1試合100球」 …

2018.07.06付け「編集手帳」要約

役人としてもお父さんとしても…

2018年7月6日付け「編集手帳」要約 〈唐突だが/奈々子/おとうさんは お前に/多くを期待しないだろう/… お父さんが/お前にあげたいものは/健康と/自分を愛する心だ〉(吉野弘『奈々子に』) 文部科 …

2017.05.12付け「編集手帳」要約

心の美醜も皮一重

2017年5月12日付け「編集手帳」要約 〈鉄面〉「公平剛直で権勢を恐れないこと」(『日本国語大辞典』小学館)。 それが〈鉄面皮〉と一文字を足すと、「恥を恥とも思わないこと」と早変わりするのだから言葉 …

2018.05.17付け「編集手帳」要約

雨と少し上手に付き合えるといい

2018年5月17日付け「編集手帳」要約 全国の雨男、雨女のみなさん、ご注目を。 気象庁が6月下旬から、1時間あたりの降水量の予報を、これまでの6時間先までから15時間先までに延ばす。 避難や警戒情報 …

2017.10.28付け「編集手帳」要約

ちゃらいは、ちょっと

2017年10月28日付け「編集手帳」要約 来月1月「広辞苑第七版」が発売される。 約一万語が新たに加わるが、その中のひとつ「ちゃらい」が、お口に合わない方もおいでになろう。 清少納言が「枕草子」で述 …