編集手帳

新聞の役割

投稿日:2017年2月19日 更新日:

2017年2月19日付け「編集手帳」要約

漂白の俳人、種田山頭火は熱心に新聞を購読していたらしい。
〈今日そのものが来ないやうな気がする〉、新聞の来なかった朝の心境をそう書き留めている。
新聞のかたちは、一番大きなニュースが1面に載り、政治面、経済面、社会面といったページが定まった順で並ぶ。
新しい情報の盛られた新聞が、変わらぬ姿で日々届く。
〈どんなに激動しようと人間社会は明日も明後日も続くこと〉を、読者は保障されている。
明日が〈来ないやうな気〉にならないようにーー漂白の色を帯びる時代の新聞の役割りを思う。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.04.17付け「編集手帳」要約

どんな苦情が来るだろう

2018年4月17日付け「編集手帳」要約 ビートたけしさんは東京・浅草の劇場で修行時代、放送禁止用語を連発したらしい。 その当時の様子を相方のきよしさんは、本に記した。 が、劇場に来た苦情を思えば、い …

2018.03.26付け「編集手帳」要約

何を隠そうとしたのか

2018年3月26日付け「編集手帳」要約 日本軍の隠退蔵物資事件解明のため、どんな人でも呼び、証言を求めることができる法律を作った。 証人喚問を定めた議員証言法だ。 佐川宣寿・前国税庁長官があす証人喚 …

2018.05.10付け「編集手帳」要約

犯人は家族の情けを知らない

2018年5月10日付け「編集手帳」要約 小さな子を育てる親の心情は、ありとあらゆる心配をする。 それでも帰ってきてくれるから、家族の日々が続いていく。 新潟県で起こった信じがたい事件。 大桃珠生ちゃ …

2017.03.06付け「編集手帳」要約

壁が早く取り払われることを願う

2017年3月6日付け「編集手帳」要約 トランプ大統領は、施政方針演説で米国が世界に関与することが必要だと述べた。 孤立主義からの転換なら歓迎できるが、いまだに様々な「壁」の存在を伝えるニュースが続く …

2017.11.10付け「編集手帳」要約

「暴追に成功した街」となればいい

2017年11月10日付け「編集手帳」要約 北九州市で暴追運動の先頭に立つ人の家が銃撃された事件で関係者が逮捕された。 暴追運動の三原則「利用しない」「恐れない」「金を出さない」のうち二番目が一番難し …