編集手帳

破廉恥という隣人がいる

投稿日:2017年2月15日 更新日:

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。
【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。
なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。
福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であることを隠して結婚披露宴に臨んだ。
ニュースが流れたきのうは、街には甘い香りの漂う日である。
辞書の【バレンタインデー】にはなるほど【破廉恥】という不届きな隣人がいる。
2017.2.15付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.05.19付け「編集手帳」要約

五月蠅のようなニュース

2017年5月19日付け「編集手帳」要約 〈蠅は叩かれたくなければ蠅叩きの上にとまるのが安全である〉。 殺虫剤を塗布した無敵の蠅叩きがついに登場した。 米国の司法省が「特別検査官」を設置し、「ロシアゲ …

2017.03.20付け「編集手帳」要約

墓をめぐる世相が変わってきた

2017年3月20日付け「編集手帳」要約 墓をめぐる世相が急速に変わっている。 大規模な納骨堂が次々と建てられ、散骨も流行している。 「◯◯家の墓」に入るのが当たり前、と言う時代は過ぎ去ろうとしている …

2018.02.21付け「編集手帳」要約

何かをして罪を感じない心とは?

2018年2月21日付け「編集手帳」要約 ジミー・カーター元大統領は敬虔なキリスト教として知られる。 「私も多くの女性を情欲の目でながめたことがある。このことを神は知っておられ、私をお許しになっている …

2017.04.30付け「編集手帳」要約

東西南北の北の比重大だった4月

2017年4月30日付け「編集手帳」要約 「読売新聞」という題号を決まるまでに、登場した案の一つに「東西南北」があった。 NEWSは、方角を示す四つの単語の頭文字を並べたものだという説がある。 北朝鮮 …

2017.04.02付け「編集手帳」要約

代償が大きすぎる

2017年4月2日付け「編集手帳」要約 多くの場合、机上の論に経験はまさる。 経験が当てにならない場合もある。 「過去になかった」と洪水や土砂崩れのあった地域の住民が途方に暮れる。 これもまた人が経験 …