編集手帳

破廉恥という隣人がいる

投稿日:2017年2月15日 更新日:

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。
【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。
なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。
福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であることを隠して結婚披露宴に臨んだ。
ニュースが流れたきのうは、街には甘い香りの漂う日である。
辞書の【バレンタインデー】にはなるほど【破廉恥】という不届きな隣人がいる。
2017.2.15付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.26付け「編集手帳」要約

東海道駅伝徒歩競技開催から100年

2017年4月26日付け「編集手帳」要約 土岐善麿は歌人として知られる。 が、日本陸上競技の歴史を語るとき、その名は欠かせない。 土岐が、日本初の駅伝大会「東海道駅伝徒歩競技」を企画したのは、1917 …

2017.02.05付け「編集手帳」要約

心に日の差す時間が延びるといい

名のみの春ともいうが、日は長くなった。 そのように、人の心に日の差す時間も延びているといい。 「ただ寂しい」。 熊本地震で被災し、借家の「みなし仮説」に独り暮らす70歳の女性の言葉である。 被災者の孤 …

2017.02.10付け「編集手帳」要約

人間の姿をした毒虫

自然体験ツアーは昆虫に触れ、木や花を観察し、楽しみながら集団生活のルールを学ぶ貴重な成長の“旅”である。 男児のポルノ映像を収集・交換していた旅行会社の元社員ら6人が逮捕された。 ツアーに同行し、わい …

2017.01.28付け「編集手帳」要約

「ごめん」のひと言

「ごめん」のひと言。 自分に非があると感じているときは、かえって意固地になって言葉が出てこない。 詫びて前言を取り消せば済むものを、「ごめん」の言えない人が世界を揺るがせている。 「壁のことつひに詫び …

2018.05.22付け「編集手帳」要約

お後がよろしくないようで

2018年5月22日付け「編集手帳」要約 古典落語『鰻屋』に出てくる与三郎と呼ばれるウナギは、開業以来、板前と追いかけっこをしながらしぶとく生きている。 狛江市の高橋都彦市長はしぶとさなら与三郎級だろ …