編集手帳

〈東風解凍〉、もうひと踏ん張りだ

投稿日:2017年2月11日 更新日:

天神さま、菅原道真。
早熟の天才児、政争の敗残者というふたつの面影を花に映じた、梅の人である。
七十二侯のひとつ〈東風解凍(はるかぜこおりとく)〉。
「東風」に縁の深い学問の神様が、受験生を励ましている言葉に聞こえなくもない。
梅は春告草とも呼ばれる。
厳寒の冬を過ごしてきた受験生は皆、解凍の春到来を一刻も早く告げてほしいと、心せく思いでいよう。
きょうの「建国記念日」は、別名を梅花節という。
もうひと踏ん張りである。
浮世の涙を知る“梅の人”も、きっと天上から見守っている。
2017.2.11付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.17付け「編集手帳」要約

余興にこんな替え歌はいかが

2017年11月17日付け「編集手帳」要約 今週の世界糖尿病予防デー(14日)は各地で啓発活動が行なわれた。 腹をさすりつつ生活改善を誓った方も多かろう。 怖い病気だが、適切な食事や軽い運動で防げると …

2017.11.15付け「編集手帳』要約

化粧まわしがくすんで見える

2017年11月15日付け「編集手帳」要約 力士の範となるべき横綱・日馬富士が貴ノ岩に重傷を負わせたとして、九州場所を休場した。 先場所の劇的な逆転優勝は記憶に新しい。 まじめで根気強い印象の横綱だけ …

2017.01.08付け「編集手帳」要約

人間は野菜ほど強くない

ネギやダイコンなどは冬の寒さに触れて甘みを帯びる。 松が開けたところで、野菜に倣って冷気にあたり、緩んだ我が身に活を入れる。 それもいいかなと思うが、この時期に体調を崩す「正月病」には体を温めて睡眠の …

2018.04.05付け「編集手帳」要約

夕焼けが好きな子供を増やした

2018年4月5日付け「編集手帳」要約 鶴田浩二さんは貧しかった幼年時代を一言でこう語った。 「私は夕焼けの嫌いな子供でした」 友達と別れて帰る家で温かい食事が待つことはなかった。 今の貧困家庭に育つ …

2018.09.20付け「編集手帳」要約

意欲が戻る時間も相対的だ

2018年9月20日付け「編集手帳」要約 西脇市の美術館職員が制作資材を運ぶのに30分遅刻し、横尾忠則さんを怒らせた。 「創作意欲が失われた」と立ち去り、展覧会も延期する事態となった。 西脇出身の横尾 …