編集手帳

心おきなく野球をしたかっただろう

投稿日:2017年2月1日 更新日:

17歳の時、ベーブルースのいる大リーグ選抜をなで斬りにし、
巨人で活躍し、27歳で戦死した沢村栄治。
きょうは沢村の生誕100年の日にあたる。
また、プロ野球春季キャンプが始まる日でもある。
心おきなく野球のできる後輩たちを、きっと天の高みから見守ってくれよう。
サトウ・ハチローは沢村にただ次の1行を贈った。
〈戦争は、あなたを失くしたことだけでも罪悪である〉と。
2017.2.1付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.03.30付け「編集手帳」要約

色紙に何を書くだろう

2018年3月30日付け「編集手帳」要約 〈勝つことはえらいことだ〉、戦後初の名人として将棋史に名を刻む塚田正夫の一文である。 単純なだけに胸に響くものがある。 負けを知り、悔しさを知り、もだえながら …

2018.05.30付け「編集手帳」要約

老いを直視する勇気が必要だ

2018年5月30日付け「編集手帳」要約 お年寄りを敬い、いたわる。 それが条件反射になるごとく啓蒙された身には、驚きを通り越して動揺さえ覚える。 茅ヶ崎市で90歳の高齢者ドライバーが起こした死亡事故 …

2017.02.27付け「編集手帳」要約

両国の関係を善導したい

2017年2月27日付け「編集手帳」要約 外交評論家の清水洌は、 米国による移民排斥を目の当たりにしても、日米協調の重要さを訴えた。 〈時々にみる米国および米国人の傍若無人の態度に甚だしき不満を覚えな …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2017.01.21付け「編集手帳」要約

無人島に羽生さんを持っていく

“神武以来の天才”と騒がれた、「加藤一二三」九段の引退が決まった。 それが報じられた翌日、「史上最年長勝利」の記録を更新している。 〈冬の牡丹の魂で咲く〉。 魂で咲く花は、まだ枯れていない。 「無人島 …