編集手帳

帳簿の人よ

投稿日:2017年1月31日 更新日:

「どこかの島に立っていて、右手にたいまつを、左手に帳簿を持っています」。
初めてニューヨークを訪れた男が、観光名所を探した。
建国の精神を高らかに歌った独立宣言書、帳簿と間違えられては「自由の女神像」も泣くに泣けまい。
難民の受け入れを一時停止する突飛な大統領令に混乱が広がっている。
先の男が、女神像を評して言う。
〈たいまつを高く掲げているのは、昼でも夜でも帳簿がちゃんと見えるように、いくら稼いだかいつでも確かめられるようにです〉
このセリフに、あなたの署名があったとしても驚かない。
帳簿の人よ。
2017.1.30付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.02.08付け「編集手帳」要約

エントロピー

2018年2月8日付け「編集手帳」要約 〈机の上を片付けるには多大なエネルギーが必要だが、散らかすには何のエネルギーもいらない。 これがエントロピーだ〉 平昌五輪を控えた韓国政府の北朝鮮への対応は「エ …

2017.06.27付け「編集手帳」要約

後手後手と打つヘボ碁打ち

2017年6月27日付け「編集手帳」要約 〈蝉鳴くや後手後手と打つヘボ碁打ち〉 終戦直前の戦術あって戦略を持たない軍部に対して徳川夢声の俳句である。 ヘボ碁打ちの伝説は、戦後も企業社会の隅に命脈を保っ …

2017.01.12付け「編集手帳」要約

プロ野球の恩人のひとり

晩年のビクトル・スタルヒンから本塁打を打った故・豊田泰光さんが叱られた。 豪速球で満天下を魅了したスタルヒンが、対戦相手でさえ敬意を払わずに入られない功労者であったことが分かる。 日本のプロ野球界を今 …

2017.12.10付け「編集手帳」要約

赤い花びらに重なる子供の顔を忘れまい

2017年12月10日付け「編集手帳」要約 絵本画家いわさきちひろは、シクラメンの赤い花びらに戦争の炎を思い、一枚一枚に幼い子供の顔を描いた。 世界では今も多くの子供が紛争に苦しめられている。 本物の …

2017.06.05付け「編集手帳」要約

歳月に埋もれない言葉を書いた人

2017年6月5日付け「編集手帳」要約 歴史学者岡田英弘さんが先月死去した。 中国とモンゴルの文献を駆使した研究者だった。 マスコミに引っ張りだこだったとは言えないが、 一連の著書は、様々な分野の目利 …