編集手帳

疎にして多

投稿日:2017年1月30日 更新日:

自殺で亡くなる人の少ない地域の共通点は、人間関係は「疎にして多」。
お付き合いは挨拶程度で、マイペース。
でも、みんな顔見知りで孤立は起きにくい。
国内の自殺者は昨年、2万2000人を下回った。
自治体の取り組みが強化された効果だという。
だが、自殺率は先進国の中で高く、まだまだ地域でできることも多いはずだ。
自治会の催しに顔を出す。
お隣さんと立ち話。
まずはそんなことでいい。
思い立ったが吉日だ。
2017.1.30付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.06.05付け「編集手帳」要約

回文の様に巡らないか心配な結果

2018年6月5日付け「編集手帳」要約 少し前までは財政の無駄といえばダム建設がやり玉にあがった。 〈うかつにダムをひく 国費を無駄に使う〉土屋光一さんの回文があった。 「森友学園」への国有地売却をめ …

2017.11.25付け「編集手帳」要約

その国名が変わらないことを祈る

2017年11月29日付け「編集手帳」要約 『スティール・キス』(ジェフリー・ディーヴァー著)の中に、事故原因についてこんなセリフがある。 「…中国製のねじが、基準を満たさない金属で出来ているのかもし …

2018.02.01付け「編集手帳」要約

疑問だらけの受動喫煙対策

2018年2月1日付け「編集手帳」要約 国の受動喫煙対策が大幅に後退した。 最新の法案の骨格では、東京都では9割の店が喫煙可能になるという。 客離れを懸念する業界への配慮とされる。 吸わない人の反感が …

2017.06.26付け「編集手帳」要約

新たな危険な虫との闘い

2017年6月26日付け「編集手帳」要約 新潟県五泉市の民族行事「善願の虫送り」。 ツツガムシ病はかつて“死に至る病”だったが、戦後治療法が確立され、犠牲者は激減した。 毒虫退散の祈りが再び切実な響き …

2017.09.30付け「編集手帳」要約

颶風一過はどうなっているのか

2017年9月30日付け「編集手帳」要約 内田百閒によると颱風よりも激しい暴風を「颶風」という。 今回政界を見舞った暴風雨は、颶風と呼ぶにふさわしかろう。 今回の風は、台風のように進路や規模が予測でき …