編集手帳

「ごめん」のひと言

投稿日:2017年1月28日 更新日:

「ごめん」のひと言。
自分に非があると感じているときは、かえって意固地になって言葉が出てこない。
詫びて前言を取り消せば済むものを、「ごめん」の言えない人が世界を揺るがせている。
「壁のことつひに詫びざりし、まァ不徳」
絶交する…わけにもいかない。
2017.1.28付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.30付け「編集手帳」要約

老いを直視する勇気が必要だ

2018年5月30日付け「編集手帳」要約 お年寄りを敬い、いたわる。 それが条件反射になるごとく啓蒙された身には、驚きを通り越して動揺さえ覚える。 茅ヶ崎市で90歳の高齢者ドライバーが起こした死亡事故 …

2017.10.11付け「編集手帳」要約

熱意ある弁舌を望む

2017年10月11日付け「編集手帳」要約 近頃慌ただしく動いた野党再編も、なんとか落ち着き衆院選が公示された。 政治地図が「3極化」したといわれる。 日本の針路を誤りなく判断するために、投票日まで各 …

2017.10.09付け「編集手帳」要約

使命感にあふれ、公に尽くす選良を望む

2017年10月9日付け「編集手帳」要約 中国・清朝の雍正帝。 皇太子でもなく、40代まで部屋住みだっただけに、即位に「天命」を自覚したという。 〈天下政治のために働いて働き通した〉と評された。 国会 …

2017.09.20付け「編集手帳」要約

ピーキング

2017年9月20日付け「編集手帳」要約 スポーツの世界にビーキングという言葉がある。 安倍首相が衆院解散の意向を固めたという報に、この言葉が浮かんだ。 決戦前に一度、調子の底を迎えておくという調整方 …

2018.01.25付け「編集手帳」要約

まがいものに見える戌年の平昌五輪

2018年1月25日付け「編集手帳」要約 戌年に開催される平昌五輪。 「戌」には打ち消しの否から転じた例があるといい、それをダブらせてしまう。 参加を決めた北朝鮮に譲歩しすぎだと、文在寅政権へ国内世論 …