編集手帳

“□溶性”の空欄が埋まるといい

投稿日:2017年1月27日 更新日:

何の業種であれ、仕事に疲労はつきものである。
〈精神の疲労はアルコールを求め、肉体の疲労は甘みを求める〉。
疲労にも“酒溶性”や“糖溶性”の種類があるらしい。
その人の場合は“□溶性”、空欄だったようである。
大阪府内の警察官が、分限免職の処分を受けた。
巡回を拒否し、注意した署長に暴言を返す。
何に疲れ、何に苛立っていたのやら。
その人に一句贈る。
〈無駄だろう?/意味ないだろう?/馬鹿だろう?/今さらだろう?/でもやるんだよ!〉
空欄が埋まるといい。
2017.1.27付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.02付け「編集手帳」要約

次はどんな歌が流れているだろう

2017年12月2日付け「編集手帳」要約 大衆音楽研究家の長田暁二さんは「川の流れのように」をあえて昭和の最後を飾る流行歌に選んでいる。 あえて、としたのは発売日が1989年1月11日、平成元年の4日 …

2017.08.25付け「編集手帳」要約

備えに怠りなきように

2017年8月25日付け「編集手帳」要約 水やお茶を、買って飲むのが普通になった今も、酷暑の日には小銭の出費が重なって「もったいない」の思いが募る。 “暑さ指数”が「危険」だったきのうもそうだった。 …

2017.04.06付け「編集手帳」要約

詩心と雨雲を引き連れて旅立つ

2017年4月6日付け「編集手帳」要約 詩人の大岡真さん。 映画の世界で言うならば、黒澤明、淀川長治の両氏を一人二役で演じた人である。 〈いとけなき日のマドンナの幸ちゃんも孫三たりとぞeメイル来る〉 …

2017.02.19付け「編集手帳』要約

新聞の役割

2017年2月19日付け「編集手帳」要約 漂白の俳人、種田山頭火は熱心に新聞を購読していたらしい。 〈今日そのものが来ないやうな気がする〉、新聞の来なかった朝の心境をそう書き留めている。 新聞のかたち …

2018.04.14付け「編集手帳」要約

対策がいる、支援がいる

2018年4月14日付け「編集手帳」要約 前震、本震と2度の「震度7」に見舞われた熊本地震から、きょうで2年になる。 いまだ約3万8000人の方が仮設住宅などの仮住まいを余儀なくされているという。 今 …