編集手帳

人の世は花びらを支え合う世界

投稿日:2017年1月25日 更新日:

藤沢周平さんが69歳で世を去って、あすで20年になる。
裏梅のような、身の凍える風雪のなかでほころぶ梅の花の後ろ姿のように、独特な風情がある作風である。
この20年間、大きな地震、噴火、豪雨災害があった。
人の世を花びらを支え合う“裏梅”の世界とでも言おうか。
藤沢さんの選び抜かれた言葉でつづられた日常の、ささやかな悲喜憂歓の情けがひとしを身にしみる昨今である。
2017.1.25付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.05.02付け「編集手帳」要約

賭けの一番人気に不快な理由

2018年5月2日付け「編集手帳」要約 今年のノーベル平和賞をめぐる英ブックメーカーの予想で、北朝鮮の金正恩委員長が一番人気に躍り出た。 今どんなに柔和な顔を見せていようと、人権や自由をないがしろにす …

2017.10.29付け「編集手帳」要約

タンスの奥のハンカチ

2017年10月29日付け「編集手帳」要約 〈引き出しの/奥のハンカチ/今日も奥〉 言われてみればそうだが、スポーツの指導者はそうはいかない。 生身の人間を選び、出番を与えるのは、どれほど難しのだろう …

2017.11.28付け「編集手帳」要約

平均台は体育館だけにあればいい

2017年11月28日付け「編集手帳」要約 目の不自由な人は、駅のホームが大きな平均台と感じ、転落の恐怖を常に感じているという。 それに対して、少しホッとする記事があった。 型の異なる車両が停車した場 …

2018.05.26付け「編集手帳」要約

法外なツケか素晴しい未来か

2018年5月26日付け「編集手帳」要約 6月12日に当地で予定されていた米朝首脳会談の開催を巡り、駆け引きが続いている。 その開催地であるシンガポールには「FINE CITY」の別名がある。 FIN …

2017.01.06付け「編集手帳」要約

どうして出航させた

タイタニック号が沈没した事故に新説が発表された。 出航前に造船所で起きた火災によって船体がもろくなり、 氷山との衝突に耐えられなかったという。 どうして損傷に目をつむり、無理に出航させたのだろう。 安 …