編集手帳

サクラサク

投稿日:2017年1月24日 更新日:

〈受験子の旅立つ朝を常の如〉
我が家には受験生はいないのだが、この半月ほど一句の親心に似た気持ちで過ごしてきた。
大相撲の初場所で、大関稀勢の里(30)が初の賜杯を手にした。
浪人中の息子に合格通知が届いた心持ちだ。
「今場所こそは」と期待され、そのたびに大事な星を落としてはファンをがっかりさせてきた。
本人が一番悔しかったはずである。
千秋楽の、万感の涙が語っていた。
季節には早いがその言葉を贈ってもいいだろう。
冬に耐えて、耐えて、「サクラサク」。
2017.1.24付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.01.16付け「編集手帳」要約

受けなかったギャグ

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、 名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。 それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。 「賭けないでマージャンをする人が世の中に …

2017.08.17付け「編集手帳」要約

謝らない子供を叱りなさい

2017年8月17日付け「編集手帳」要約 「パパ、ランガーさんが窓ガラスで目のボール壊しちゃったよ」。 西洋の小話である。 博愛と平等の心が一枚の美しい硝子ならば、差別と偏見はそれを粉々に砕くボールだ …

2017.07.06付け「編集手帳」要約

穏やかな眠りを一刻も早く

2017年7月6日付け「編集手帳」要約 暴れ狂う濁流の映像から目を離せずにいる。 気象庁はきのう夕刻、筑後・筑豊地方などに「大雨特別警報」を発表した。 土砂崩れや河川の氾濫におびえつつ、多くの住民が眠 …

2017.11.10付け「編集手帳」要約

「暴追に成功した街」となればいい

2017年11月10日付け「編集手帳」要約 北九州市で暴追運動の先頭に立つ人の家が銃撃された事件で関係者が逮捕された。 暴追運動の三原則「利用しない」「恐れない」「金を出さない」のうち二番目が一番難し …

2017.09.09付け「編集手帳』要約

中露の及び腰がもどかしい

2017年9月9日付け「編集手帳」要約 黒田三郎の「紙風船」に無粋な連想をお詫びする。 幾度となく打ち上げて、射程を伸ばし、精度を上げてきたミサイル。 かの国のきょうは建国記念日だという。 この日に合 …