編集手帳

サクラサク

投稿日:2017年1月24日 更新日:

〈受験子の旅立つ朝を常の如〉
我が家には受験生はいないのだが、この半月ほど一句の親心に似た気持ちで過ごしてきた。
大相撲の初場所で、大関稀勢の里(30)が初の賜杯を手にした。
浪人中の息子に合格通知が届いた心持ちだ。
「今場所こそは」と期待され、そのたびに大事な星を落としてはファンをがっかりさせてきた。
本人が一番悔しかったはずである。
千秋楽の、万感の涙が語っていた。
季節には早いがその言葉を贈ってもいいだろう。
冬に耐えて、耐えて、「サクラサク」。
2017.1.24付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.13付け「編集手帳」要約

今夜は筆が進まない

2017年4月13日付け「編集手帳」要約 ひとつの歌にも数奇な運命がある。 ペギー葉山さんは、『南国土佐を後にして』を歌うのを断った。 だが、ディレクターに押し切られて諦めて歌った。 NHKには視聴者 …

2018.03.19付け「編集手帳」要約

北の動きを凝視していきたい

2018年3月19日付け「編集手帳」要約 「ことばは実体とくっついている。実体がある場合は一緒に見せてほしい」(谷川俊太郎)。 北朝鮮の「非核化の意思」はどうだろう。 はたして実体が伴うのか。 米朝首 …

2018.12.20付け「編集手帳」要約

真面目に言っているの

2018年12月20日付け「編集手帳」要約 虐待を受ける子の心には想像を超える重さが心にのしかかる。 最近は、助けを求めて自分から児童相談所に来る子もいるという。 苦しむ子はぜひ自ら行くべきだろう。 …

2017.06.24付け「編集手帳」要約

自民党にかけている音

2017年6月24日付け「編集手帳」要約 ブドウの「ビンテージ・イヤー」は量ではなく、品質の高いワインが作られて初めて呼ばれる。 自民党の2012年初当選組は、そうではなかったらしい。 豊田真由子議員 …

2017.12.14付け「編集手帳」要約

CMに恥じる

2017年12月14日付け「編集手帳」要約 建設大手4社、スーパーゼネコンの夢のあるCMが、ここにきて色あせて見える方は少なくないだろう。 リニア中央新幹線工事を巡る不正受注疑惑である。 東京地検特捜 …