編集手帳

サクラサク

投稿日:2017年1月24日 更新日:

〈受験子の旅立つ朝を常の如〉
我が家には受験生はいないのだが、この半月ほど一句の親心に似た気持ちで過ごしてきた。
大相撲の初場所で、大関稀勢の里(30)が初の賜杯を手にした。
浪人中の息子に合格通知が届いた心持ちだ。
「今場所こそは」と期待され、そのたびに大事な星を落としてはファンをがっかりさせてきた。
本人が一番悔しかったはずである。
千秋楽の、万感の涙が語っていた。
季節には早いがその言葉を贈ってもいいだろう。
冬に耐えて、耐えて、「サクラサク」。
2017.1.24付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.08.24付け「編集手帳」要約

一ミリの攻防

2017年8月24日付け「編集手帳」要約 競技の世界において時に見えない力が勝敗を分かつ。 「流れ」、〈「勢い」であり「雰囲気」であり「感性」である〉という。 夏の高校野球が幕を閉じた。 花咲徳栄が流 …

2018.02.23付け「編集手帳」要約

ぴたり呼吸を合わせた笑顔が並んだ

2018年2月23日付け「編集手帳」要約 映画『男はつらいよ』の寅さんに 「お前と俺は別の人間なんだぞ。早い話が、オレがイモを食って、お前がプッと屁をするか?」 というセリフがある。 ようするに、別々 …

2018.09.19付け「編集手帳」要約

ああ、かなしいね、かなしいね

2018年9月19日付け「編集手帳」要約 樹木希林さんが75歳で亡くなった。 様々な方が樹木さんの演技をたたえている。 だが映画、ドラマ、CMと活躍の場が広すぎて何を取り上げていいのかわからない。 脳 …

2018.02.12付け「編集手帳」要約

どんな思いで五輪を見つめている

2018年2月12日付け「編集手帳」要約 オーストラリアから日本陸軍の調査に来たテオドール・フォン・レルヒ少佐。 陸軍はレルヒがスキーの名人だと知り指導を依頼した。 新潟県高田の師団に赴いたレルヒは軍 …

2017.03.20付け「編集手帳」要約

墓をめぐる世相が変わってきた

2017年3月20日付け「編集手帳」要約 墓をめぐる世相が急速に変わっている。 大規模な納骨堂が次々と建てられ、散骨も流行している。 「◯◯家の墓」に入るのが当たり前、と言う時代は過ぎ去ろうとしている …