編集手帳

就任式が告別式に変わった

投稿日:2017年1月22日 更新日:

ドナルド・トランプ氏が「米国第一」を宣言したとき、
大統領就任式は告別式に変わった。
米国の高遇な理想主義と使命感が死んだ。
地球を見渡すことを捨て、目先の雇用優先主義にひた走る。
厄介な時代の幕開けである。
「新玉」をこちら仕様に磨く努力をしつつ、突発事態にも備えを怠らない。
したたかな外交が日本の政治に問われている。
2017.1.22付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.15付け「編集手帳」要約

破廉恥という隣人がいる

国語辞典に収められた言葉には、ときに奇妙な隣人がいる。 【新郎】は【心労】と【塵労】に挟まれている。 なにも隣同士グルになって誰かを泣かせることはなかろう。 福岡県警の巡査部長(40)が既婚者であるこ …

2017.03.25付け「編集手帳」要約

不来方

2017年3月25日付け「編集手帳」要約 「不来方」 岩手・盛岡の古名で、啄木の歌集にも出てくる地名である。 昨日甲子園で、伝統の名を胸に掲げる不来方高校の球児たちが登場した。 選手10人のチームで、 …

2018.04.24付け「編集手帳」要約

道理を述べた寅さんの勘違い

2018年4月24日付け「編集手帳」要約 〈朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり〉 朝(あさ)どう生きるかを悟れば、夕方に死んでも後悔はない−との意味だ。 だが、寅さんは「明日道を聞こうとし …

2018.01.25付け「編集手帳」要約

まがいものに見える戌年の平昌五輪

2018年1月25日付け「編集手帳」要約 戌年に開催される平昌五輪。 「戌」には打ち消しの否から転じた例があるといい、それをダブらせてしまう。 参加を決めた北朝鮮に譲歩しすぎだと、文在寅政権へ国内世論 …

2018.08.29付け「編集手帳」要約

顔を洗って出直すべし

2018年8月29日付け「編集手帳」要約 ベネスエラに〈アルマジロが亀を笑う〉ということわざがある。 日本にも〈目…〉という似た表現がある。 ちょっと汚い表現ので、ベネズエラの箴言に頼らせていただく。 …