編集手帳

就任式が告別式に変わった

投稿日:2017年1月22日 更新日:

ドナルド・トランプ氏が「米国第一」を宣言したとき、
大統領就任式は告別式に変わった。
米国の高遇な理想主義と使命感が死んだ。
地球を見渡すことを捨て、目先の雇用優先主義にひた走る。
厄介な時代の幕開けである。
「新玉」をこちら仕様に磨く努力をしつつ、突発事態にも備えを怠らない。
したたかな外交が日本の政治に問われている。
2017.1.22付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.12.17付け「編集手帳」要約

互いの美点を認め合う余裕が欲しい

2017年12月17日付け「編集手帳」要約 先の新語・流行語大賞の結果に、マズローの「欲求段階説」を思い出した。 「インスタ映え」。 「インスタグラム」に「映える」写真を送り、見た人から「いいね!」を …

2017.02.21付け「編集手帳」要約

負の言葉に情緒が宿る

2017年2月21日付け「編集手帳」要約 名作として名高い、倉本聰さん脚本の『昨日、悲別で』。 そのなかに「泣きべそ通り」という裏路地が出てくる。 “悲”も“泣きべそ”も正負でいえば負の言葉だが、とき …

2017.06.15付け「編集手帳」要約

今思えば皆遠火事のごとくなり

2017年6月15日付け「編集手帳」要約 1997年9月3日、巨人の王貞治選手が756本の本塁打世界記録を樹立した。 当時は、米大使が議題そっちのけで大記録の達成を待つほどの空気であった。 昨夜、40 …

2018.05.10付け「編集手帳」要約

犯人は家族の情けを知らない

2018年5月10日付け「編集手帳」要約 小さな子を育てる親の心情は、ありとあらゆる心配をする。 それでも帰ってきてくれるから、家族の日々が続いていく。 新潟県で起こった信じがたい事件。 大桃珠生ちゃ …

2017.05.06付け「編集手帳」要約

もうひと頑張りお願いしたい

2017年5月6日付け「編集手帳」要約 高速道路の渋滞で、夜の下り線を埋め尽くすテールランプには悲壮感が漂う。 技術革新が進み、自動運転や観光バスのギアがオートマチックになると、赤いテールランプのイメ …