編集手帳

殿によく馴染む二文字

投稿日:2017年1月19日 更新日:

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。
トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。
就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。
狭量と短慮が招いた数字だろう。
批判に耳を傾ける効用を、シェークスピア『十二夜』の登場人物が語っている。
〈だってさ、ともだちはおれをほめあげてばかにするが、敵は正直にばかだと言ってくれるんでね〉(小田島雄志訳)
この二文字、「殿」によく馴染むところが不気味である。
2017.1.19付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.18付け「編集手帳」要約

船村節は今夜も誰かを泣かせている

船村徹さんが84歳で亡くなった。 生涯を通して言葉を何よりも大切にし、詞に惚れて曲を書いた人だった。 『王将』の曲想を得た時の思い出話が忘れがたい。 故郷で母がかまどで飯を炊いているその後ろ姿を見て、 …

2017.10.23付け「編集手帳」要約

「感」が「惑」に変った

2017年10月23日付け「編集手帳」要約 「感」の中に「惑」に似た部分がある。 小池新党の「好感」の「感」の中にも、それはあった。 民進党との合流時、政策の一致しない候補について「排除します」と語っ …

2018.01.13付け「編集手帳」要約

なぜ、この時期に試験を

2018年1月13日付け「編集手帳」要約 雪がすべての物音を吸収したかのような静けさは北国の興趣といわれる。 だが、今日ばかりは例外だろう。 今年の大学入試センター試験は各地で注意報が出る中で行なわれ …

2018.03.07付け「編集手帳』要約

九州の方、迷惑してませんか

2018年3月7日付け「編集手帳」要約 盃をすすぐことを昔の人はせず、同じ盃で分かち飲むことが原則だった。 だが昭和10年代には、盃を使わないことが原則になっていた。 狛江市の高橋市長が、女性職員に自 …

2018.05.31付け「編集手帳」要約

現実にあった横暴な神の寓話

2018年5月31日付け「編集手帳」要約 良心が試されたと思えばどうだろう。 日大アメフト部の学生である。 自らの過ちに気づいたことは、再び前を向き一度は青春を掛けた競技に帰る資格はある。 関東学生ア …