編集手帳

殿によく馴染む二文字

投稿日:2017年1月19日 更新日:

人の上に立つものには寛容と忍耐が求められる。
トランプ次期大統領は、そのどちらも持ち合わせていないところが嫌われたのか。
就任直前の支持率40%は歴史的低水準という。
狭量と短慮が招いた数字だろう。
批判に耳を傾ける効用を、シェークスピア『十二夜』の登場人物が語っている。
〈だってさ、ともだちはおれをほめあげてばかにするが、敵は正直にばかだと言ってくれるんでね〉(小田島雄志訳)
この二文字、「殿」によく馴染むところが不気味である。
2017.1.19付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.20付け「編集手帳」要約

虚をつかれぬよう備えろ

2017年2月20日付け「編集手帳」要約 トランプ米大統領の就任から1ヶ月が過ぎる。 「虚実皮膜」を唱えた、近松門左衛門に学んだわけではあるまいが、 虚実をうまく取り混ぜて話す手法は、どこまで本気で、 …

2017.07.19付け「編集手帳」要約

その人が残した、豊穣な麦の実

2017年7月19日付け「編集手帳」要約 日野原重明さんは、ハイジャックされた「よど号」の中で『カラマーゾフの兄弟』の一節を印象深く読み、 「業績をあげて有名な医者になる。そういう生き方はもうやめた。 …

2017.03.29付け「編集手帳」要約

無常の雪を恨む

2017年3月29日付け「編集手帳」要約 『存在』という川崎洋さんの詩の、終わりの二行が重い。 〈「二人死亡」と言うな/太郎と花子が死んだと言え〉 一人ひとりに歩んできた人生があり、これから歩むはずだ …

2018.05.24付け「編集手帳」要約

ジャーンと鳴っても証言はない

2018年5月24日付け「編集手帳」要約 テレビの人気アニメ『巨人の星』。 ライバルとの対決でいちいちジャーンと効果音がなるなど、じらすような展開はおなじみだ。 こちらも延長、延長で誰しもうんざりして …

2017.03.23付け「編集手帳」要約

子供は誰もが詩人の心を備えている

2017年3月23日付け「編集手帳」要約 作家・中勘助は幼い頃、「を」が女性の座った形に見え好きだった。 その繊細な感性は“栴檀は双葉より芳し”だろう。 子供は誰もが香り高い詩人の心を備えているのかも …