編集手帳

浮世のマナー

投稿日:2017年1月18日 更新日:

〈渡る世間に鬼はなし〉、〈人を見たら泥棒と思え〉という矛盾する二つのことわざ。
いずれが実で、いずれが虚かを論じても意味はあるまい。
ただし、“鬼なし”派よりも“泥棒”派のほうが心のありようは不幸である。
小田原市の生活保護者の自立支援を担当する職員が、暴言をプリントしたジャンパーを着て、各世帯を訪問していた。
不正受給を戒めるにしても度が過ぎている。
“泥棒”派の警戒心には“鬼なし”派の思いやりを温かい衣にして着せる。
浮世のマナーである。
2017.1.18付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.16付け「編集手帳」要約

三都物語の評判は

2017年10月16日付け「編集手帳」要約 東京と大阪、愛知3都府県が連携する「三都物語」の評判はどうだろう。 3都府県の経済規模は全国の3割を占める。 成長のエンジン役を果たす決意は頼もしい。 一方 …

2018.03.02付け「編集手帳」要約

人の心の内側の善悪

2018年3月2日付け「編集手帳」要約 人生、よい人ばかりに会えるとはかぎらない。 〈…平生はみんな善人なんです…それが、いざという間際に、急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。〉 その人の、急な変 …

2018.06.07付け「編集手帳」要約

こんな切ない詩は見たことがない

2018年6月7日付け「編集手帳」要約 虐待死した船戸結愛ちゃん。 父親の雄大被告に指示され、毎朝自分で目覚まし時計をかけて寝床から起きだし、一人ひらがなの練習をしていたという。 大学ノートにしるした …

2017.01.31付け「編集手帳」要約

帳簿の人よ

「どこかの島に立っていて、右手にたいまつを、左手に帳簿を持っています」。 初めてニューヨークを訪れた男が、観光名所を探した。 建国の精神を高らかに歌った独立宣言書、帳簿と間違えられては「自由の女神像」 …

2017.12.01付け「編集手帳」要約

名にふさわしく、幸あれ

2017年12月01日付け「編集手帳」要約 アメリカ先住民のある部族は、名前の中に天命が隠れていると子孫に言い伝えるそうである。 この子たちにはどんな天命が待つのだろう。 男の子に多いのが、悠真、悠人 …