編集手帳

受けなかったギャグ

投稿日:2017年1月16日 更新日:

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、
名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。
それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。
「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」
飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。
開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。
とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。
必死で考え抜いたギャグだったのだろう。
2017.1.16付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.11.21付け「編集手帳」要約

この立派な紳士はどちらだろう?

2018年11月21日付け「編集手帳」要約 事件解明はまだ先になるだろうが、税の問題は多くの方々が首をひねるだろう。 日産自動車会長、カルロス・ゴーン容疑者である。 本当の報酬や、提供を受けた資金への …

2017.07.05付け「編集手帳」要約

1時間19分罵声を受け止めた背中

2017年7月5日付け「編集手帳」要約 1987年、ヤクルト−阪急の日本シリーズ第7戦。 阪急・上田利治監督の1時間19分間に及ぶ抗議は非難の十字砲火を浴びた。 褒めるわけにはいかないが、何かのときに …

2017.10.06付け「編集手帳」要約

アメリカの現状

2017年10月6日付け「編集手帳」要約 〈建国の父たちとは本当に聡明な人々だったのだろうか〉と、問いかける。 建国当初の米国は、農民に借金と重税を負わせ、返済に苦しんだ農民の一揆が治安を揺るがした。 …

2018.09.23付け「編集手帳」要約

隔たりは大きいが心理を伝えてと願う

2018年9月23日付け「編集手帳」要約 聖徳太子創建の瑞光寺には、鯨の骨で出来た雪鯨橋がある。 半世紀ごとの架替えのたびに使う鯨の骨も商業捕鯨禁止のためにピンチだ。 先日の国際捕鯨委員会総会で、日本 …

2017.08.10付け「編集手帳」要約

記憶を呼び覚ます匂いが待っている

2017年8月10日付け「編集手帳」要約 匂いは記憶の喚起装置ともいわれる。 ふるさとでお盆休みを過ごす人の、旅立つ季節である。 夕暮れの縁側に漂う蚊取り線香の煙。 夕暮れに濡れた土。 線香花火の火薬 …