編集手帳

受けなかったギャグ

投稿日:2017年1月16日 更新日:

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、
名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。
それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。
「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」
飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。
開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。
とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。
必死で考え抜いたギャグだったのだろう。
2017.1.16付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.10.22付け「編集手帳」要約

自らの1票で国を動かす意思があるか

2017年10月22日付け「編集手帳」要約 7月に亡くなった平尾昌晃さんの曲『星は何でも知っている』。 星は恋をお見通しだが、何もせずに見守るだけだ。 それは星を掲げた国旗を持つ、中国、北朝鮮、米国で …

2017.12.21付け「編集手帳」要約

1分半

2017年12月21日付け「編集手帳」要約 なぜ異音や異臭をそのままに新幹線は3時間も運転を続けたのだろう。 亀裂の生じた台車枠は残りわずか3センチで破断していたという。 脱線すればどうなっていたか、 …

2017.07.02付け「編集手帳」要約

都議選は知事の信任が争点ではない

2017年7月2日付け「編集手帳」要約 関東大震災から約100年近く経過した。 長い空白をいかに埋め、被害を抑えるか。 都民の命を預かる政治家には方策を示す責任がある。 都議選は知事の信任が争点ではな …

2017.09.28付け「編集手帳」要約

希望

2017年9月28日付け「編集手帳」要約 小池百合子さんが「希望の党」を結成した。 「日本全体が希望に燃える、そんなかつての輝きを取り戻す」 どう実現するのか。 心地よい響きより具体的な道筋を聞きたい …

2017.09.08付け「編集手帳」要約

代書せず

2017年9月8日付け「編集手帳」要約 元神戸市議が政務活動費の不正使用で辞職した。 落語の『代書』の住人と違って、悪質極まりない。 「号泣議員」にとどまることなく、不正が続いているのは、公金感覚が欠 …