編集手帳

受けなかったギャグ

投稿日:2017年1月16日 更新日:

必死で考えたギャグは全く受けなかったが、
名キャラクター“アホの坂田”は何げない一言から生まれた。
それとは逆に、言葉一つで取り返しがつかなくなることもある。
「賭けないでマージャンをする人が世の中に何%いるのか」
飯塚市の斉藤市長が、辞職願を提出した。
開き直った記者会見に抗議が殺到し、ついに退場に追い込まれた。
とっさの言葉か、あるいは考えぬいた言葉か。
必死で考え抜いたギャグだったのだろう。
2017.1.16付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.02.24付け「編集手帳」要約

これ薄いなァ

2017年2月24日付け「編集手帳」要約 上方落語の『つる』、出された羊羹に喜六がケチをつけた。 「これ薄いなァ。…包丁で切った?嘘つけ、鉋で削ったんやろ」 名前が「プレミアム」とやけに立派なせいか、 …

2017.01.15付け「編集手帳」要約

世紀が変わっても古びない標語

1917年内田嘉吉が「安全第一」の訳語をあて啓発に乗り出した。 今年で百年になる。 〈日本人は兎角、ものの規則を無視する性癖があります… 掟を破ることを恥辱とは思はず、それを却って得意がる気風がありま …

2017.03.31付け「編集手帳」要約

ときにはそういう夜もある

2017年3月31日付け「編集手帳」要約 今日で3月が終わる。 故郷を離れて、週明けには慣れない街で勇躍、夢多き一歩を踏み出す人は多かろう。 いいことずくめとはいかないのが会社勤めだが、失意も困惑も、 …

2018.01.16付け「編集手帳」要約

人のために生きなさい

2018年1月16日付け「編集手帳」要約 元あしなが育英会職員、林田吉司さんが病気のために亡くなった。 平成の二つの震災で、遺児の心のケアに尽力した人である。 神戸の施設で、ねじりはちまき姿で遺児らに …

2017.08.27付け「編集手帳」要約

『レモン林』に、胸を突かれる

2017年8月27日付け「編集手帳」要約 小笠原諸島・父島に『レモン林』という小笠原民謡がある。 〈レモン林の甘い香りの中で キッスをしたのをお月様が見てた〉 父島は、日本とミクロネシアとの中継点とし …