編集手帳

世紀が変わっても古びない標語

投稿日:2017年1月15日 更新日:

1917年内田嘉吉が「安全第一」の訳語をあて啓発に乗り出した。
今年で百年になる。
〈日本人は兎角、ものの規則を無視する性癖があります…
掟を破ることを恥辱とは思はず、それを却って得意がる気風があります〉。
規則順守が安全を守ると訴え、〈慨嘆の至り〉と実態を訴えた。
軽井沢町のバス事故が起きたのは1年前のきょうである。
運行会社に33件の法令違反が発覚した。
世紀が変わっても古びない。
標語を使い始めた先人の望んだところでは必ずしもないだろう。
2017.1.15付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.07.21付け「編集手帳」要約

昭和時代の栞のような人

2017年7月21日付け「編集手帳」要約 小学校の教室で、高視聴率の伝説が残る連続テレビ小説『おはなはん』を毎日見ることになった。 その主題歌を作曲した小川寛興さんが92歳で亡くなった。 『月光仮面は …

2018.07.18付け「編集手帳」要約

青空と太陽の貸しを返させよう

2018年7月18日付け「編集手帳」要約 〈…きみたちは/甲子園に1イニングの貸しがある/そして/青空と太陽の貸しもある〉『甲子園の詩 敗れざる君たちへ』 詩の本意は無念よりもその後の人生の励ましだろ …

2017.09.19付け「編集手帳」要約

サンマの開国を進めたい

2017年9月19日付け「編集手帳」要約 サンマは幕末に黒船で来航したペリーの報告をもとに、米国の魚類学者が「saira」と新種登録したという。 日本の秋の味覚サンマが不漁のニュースが相次ぐ。 興味を …

2017.08.05付け「編集手帳」要約

“かたみ”が非常食に変わるまで

2017年8月5日付け「編集手帳」要約 〈短夜のもの見ればみなかたみ哉〉 この句が胸に響くのは、月遅れのお盆が近いせいだけではないかもしれない。 多くの人の命を奪った、九州北部の豪雨から今日で1ヶ月に …

2017.11.21付け「編集手帳」要約

冬の装飾に欠かせない凩

2017年11月21日付け「編集手帳」要約 【木枯らし】は【凩】とも書く。 【凩】と書けば、木に北風がヒュルルーンと通り過ぎていくさまに見えて、ふしぎな心持ちになる。 凩が吹く初冬は、強い寒気が列島を …