編集手帳

世紀が変わっても古びない標語

投稿日:2017年1月15日 更新日:

1917年内田嘉吉が「安全第一」の訳語をあて啓発に乗り出した。
今年で百年になる。
〈日本人は兎角、ものの規則を無視する性癖があります…
掟を破ることを恥辱とは思はず、それを却って得意がる気風があります〉。
規則順守が安全を守ると訴え、〈慨嘆の至り〉と実態を訴えた。
軽井沢町のバス事故が起きたのは1年前のきょうである。
運行会社に33件の法令違反が発覚した。
世紀が変わっても古びない。
標語を使い始めた先人の望んだところでは必ずしもないだろう。
2017.1.15付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2017.12.01付け「編集手帳」要約

名にふさわしく、幸あれ

2017年12月01日付け「編集手帳」要約 アメリカ先住民のある部族は、名前の中に天命が隠れていると子孫に言い伝えるそうである。 この子たちにはどんな天命が待つのだろう。 男の子に多いのが、悠真、悠人 …

2017.12.03付け「編集手帳」要約

今にいかす処方箋を探しているか

2017年12月3日付け「編集手帳」要約 宇宙に挑む新興企業に米アップルコンピュータが日本の普及初期のエネルギーを感じる。 宇宙ゴミの除去を目指す会社、小型で安価なロケットの製造と打ち上げを狙う会社。 …

2017.09.07付け「編集手帳」要約

忠誠心の行方を改めて問う

2017年9月7日付け「編集手帳」要約 都民ファーストの会にとって、都議会戦後初の本格論戦の舞台となった都議会臨時会が閉会した。 知事への礼賛一色だった、という感想を聞く。 お追従と言っては失礼かもし …

2018.04.21付け「編集手帳」要約

ナイスな雑草氏

2018年4月21日付け「編集手帳」要約 雑草、日本では「生命力が強いことのたとえ」といった意味で使われる。 いま雑草のような人といえば、ボストン・マラソンで優勝した、埼玉県職員、川内優輝さんを思い浮 …