編集手帳

末は博士か大臣か

投稿日:2017年1月11日 更新日:

『大人になったらなりたい職業』で男子の保育園児と小学生で「学者・博士」が2位となった。
前年8位からの急浮上という。
研究以外は目に入らない没頭ぶりは学者に共通する習性であり、魅力でもあろう。
そういえば、「末は博士か大臣か」という言い回しは最近聞かない。
〈勉強をせぬとああいう大臣に〉。
聞かないわけである。
2017.1.11付け「編集手帳」要約

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017.11.11付け「編集手帳」要約

1から楽しげなカフェ街区を連想

2017年11月11日付け「編集手帳」要約 本日の暦は1ばかり並ぶ。 カフェオレ=コーヒー1、牛乳1。 カフェラテ=エスプレッソ1、牛乳1。 カプチーノ=エスプレッソ1、牛乳1,泡立てた牛乳1。 と、 …

2017.05.23付け「編集手帳」要約

その人を誇りに思う

2017年5月23日付け「編集手帳」要約 WBAミドル級タイトルマッチで、有効打にまさる村田諒太選手がまさかの判定に敗れた。 WBAの会長みずから「ひどい判定」と認めた。 試合の翌日、村田選手はエンダ …

2017.09.12付け「編集手帳」要約

日本には残された時間が少ない

2017年9月12日付け「編集手帳」要約 「万人の万人による戦い」は〈孤独でまずしく、つらく残忍でみじかい〉生活であるらしい。 それよりひどい人生は、〈不快で残酷で長い人生である〉と言う。 2007年 …

2017.10.26付け「編集手帳」要約

アインシュタインの日本発のハートフルな言葉

2017年10月26日付け「編集手帳」要約 歴史上、最も偉大とされる物理学者アインシュタインはふれあう人に幸せをふりまく特技があったらしい。 「静かで質素な生活は不安に襲われながら成功を追求するより多 …

2017.02.07付け「編集手帳」要約

じつに賤しい

落語の『厄払い』、漢字の読めない怪しい男でもむげには追い返せない。 天下りの斡旋とは、その心理をついた厄払いの押し売りである。 文部科学省で何年も前から、人材押し売りの仕組みが出来上がっていたという。 …