編集手帳

この母にして、この子あり

投稿日:2017年7月22日 更新日:

2017年7月22日「編集手帳」要約

横綱白鳳の母タミルさんは、モンゴル巡業で谷川親方に、4年前の対戦のことを謝った。
伝え聞いた白鵬関は「…おふくろはありがたい」と苦笑したという。
帰化する道を息子が選ぶなら、尊重する。
息子は相撲に恩返しをしなければならないとも手記に書いた。
前人未到の1048勝を成し遂げた人が、テレビに映っている。
この日の勝ち相撲ではなく前々日の負け相撲に触れ、「相撲は奥が深い」とつぶやいた。
この母にして、この子あり。

-編集手帳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018.08.19付け「編集手帳」要約

改めて思いを馳せたい

2018年8月19日付け「編集手帳」要約 首都高は東京五輪までの開通が至上命令だった。 そのため、用地買収の手間を省き河川や道路上に高架を通した。 残念なのは、ご街道の起点、日本橋が高架に覆われること …

2018.08.29付け「編集手帳」要約

顔を洗って出直すべし

2018年8月29日付け「編集手帳」要約 ベネスエラに〈アルマジロが亀を笑う〉ということわざがある。 日本にも〈目…〉という似た表現がある。 ちょっと汚い表現ので、ベネズエラの箴言に頼らせていただく。 …

2017.04.21付け「編集手帳」要約

彫心鏤骨に生きた姿を胸に刻む

2017年4月21日付け「編集手帳」要約 尾崎紅葉は推敲に骨身を削り、死の間際まで文学者として誠実であろうとした人だった。 代表作『金色夜叉』の連載が始まったのは1897年(明治30年)の正月、今年で …

2017.10.31付け「編集手帳」予約

時々おもらしをする五穀輪廻

2017年10月31日付け「編集手帳」要約 都市の下水道網は壮大な五穀輪廻だろう。 ところが時々、おもらしをするらしい。 大雨だと、雨水が下水管に入り込み、あふれて川や海に注ぐという。 東京湾の水質調 …

2018.06.25付け「編集手帳」要約

宇宙から何を持ち帰るか

2018年6月25日付け「編集手帳」要約 打ち上げから3年半、はやぶさ2号が、3億キロ離れた小惑星リュウグウに迫っている。 近づいたことで、リュウグウの形はそろばん玉のようであることもわかった。 秋に …