夏目漱石

余と万年筆 書き写し

投稿日:

青空文庫の中に手頃な書き写しがないか、検索していたところ大御所夏目漱石のエッセーの中に『余と万年筆』を見つけました。

こっ、こっ、これは…!

趣味が「万年筆」と答える自分にとって、これを外す訳にはいかない、どうしてこれを一番最初に書き写さなかったのか悔やんでいます。

ですが、書いてみて大変でした。というのは、送り仮名が標準ではないことと使い慣れない漢字が沢山出てくるのです。

相変わらず、字はまだまだですが、読んだいただければ幸いです。

YOtoMANNENHITU

万年筆 SAILOR PROFIT21 NB
インク SAILOR 蒼墨
紙 飾り原稿用紙 桃雲流

-夏目漱石

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

変な音(下) 書き写し

夏目漱石『変な音(下)』の書き写し書き写しです。 原稿用紙を使うと、余白の部分がありますが、おおよその文字数が把握できます。先日、万年筆のワークショップで万年筆を試筆させてあげると、ボクの万年筆の書き …

変な音(上) 書き写し

夏目漱石『変な音』の書き写しです。 このブログ以外で紹介している書き写し以外にも、色々なものを書き写しています。今回の原稿用紙はSNSのグループで源氏物語の各章を手分けして書こうという企画のために買っ …