夏目漱石

変な音(上) 書き写し

投稿日:

夏目漱石『変な音』の書き写しです。

このブログ以外で紹介している書き写し以外にも、色々なものを書き写しています。今回の原稿用紙はSNSのグループで源氏物語の各章を手分けして書こうという企画のために買った原稿用紙です。

結構余っているので、使うことにしました

LIFEといえば毎朝の書き写しに使っているNOBLE NOTEですが、この原稿用紙はそこまで紙質はよくありません。フローの良いキングプロフィットですと裏抜けもしますし、インク画にしむところもあります。ただ、「飾り原稿用紙」がA4サイズ、この原稿用紙は半分でB5サイズなので文字を大きくかけるところが、この字幅の文字には収まりがとてもいいです。

引き続き「下」の書き写しを継続します。

万年筆 SAILOR キングプロフィット 長刀研ぎM
インク LAMY BlueBlack
紙 LIFE原稿用紙 C157

-夏目漱石

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

余と万年筆 書き写し

青空文庫の中に手頃な書き写しがないか、検索していたところ大御所夏目漱石のエッセーの中に『余と万年筆』を見つけました。 こっ、こっ、これは…! 趣味が「万年筆」と答える自分にとって、これを外す訳にはいか …

変な音(下) 書き写し

夏目漱石『変な音(下)』の書き写し書き写しです。 原稿用紙を使うと、余白の部分がありますが、おおよその文字数が把握できます。先日、万年筆のワークショップで万年筆を試筆させてあげると、ボクの万年筆の書き …